2016年09月03日

今日、9月3日公開 『エミアビのはじまりとはじまり』

🎬 『エミアビのはじまりとはじまり』渡邊謙作監督/87分/ヒューマントラストシネマ渋谷

海野(前野朋哉)と実道(森岡龍)の若手漫才コンビ「エミアビ」は人気が出始めていたが、海野が自動車事故であっけなく死んでしまう。実道はマネージャーの夏海(黒木華)と、同乗していて海野と一緒に死亡した雛子(山地まり)の兄・黒沢(新井浩文)の家に会いに行く。

黒沢も数年前まではお笑い芸人で「エミアビ」にとってエミアビ先輩でもあり恩人でもあった。黒沢は、エミアビの大ファンだった雛子のために遺影のまえで、ネタを見せてほしいと言う。実道は写真を前に一人ネタをやるが、黒沢はダメ出しばかりしていじり続けるのだった。


中野に娘が住んでいて、よく通りすがりに「さっきすれ違った男の人、お笑いのけっこう有名な人だよ」と時々そう言ってくれる。教えてくれる時は相当離れてからだし、名前を言われてもチンプンカンプン。中野近辺にはお笑いの芸人さんがとても多いらしい。

そんな人たちもエミアビのように苦労しているのかと思うと、有名になることや、それを維持していく努力がどんなに大変か、今更ながらによくわかった。

実道の都会的なとっぽさ、(死んでしまったが)海野の田舎っぽい鈍臭さ、キレキレの新井浩文、そして、誰だかしばらくわからなかったマネージャーの黒木華。その登場人物たちが「普通になんて生きて行けるか ! 天下を取るんだ」と捨て身になって前に進んで行く姿に眩しいものを感じた。

☆黒木華さんの役の染まり具合が半端ではない。こんなにいろんな役ができる女優さんとは思いもしなかった。

☆大ニュース ❗️
このエミアビ・コンビ、M−1グランプリの予選の1回戦に通過して、次は10月に2回戦があるそうだ。

それに森岡龍さんは映画も作っている。『ニュータウンの青春』という題名。ミッキーは観た覚えがない。名古屋に帰ったらDVDを探してみよう。
posted by ミッキー at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: