2016年08月27日

今日、8月27日公開 『ライト/オフ』

🎬『ライト/オフ』デヴィッド・F・サンドバーグ監督/アメリカ/81分

幼い男の子マーティン(ガブリエル・ベイトマン)は、母親ソフィー(マリア・ベロ)が病気がちで、父親が仕事の合間を見ては、妻の病気のことやマーティンのことを一心に世話をしてくれていた。

その父親が突然、原因不明の事故で亡くなってしまい、母親の精神状態も悪くなり、マーティンの寂しさもつのるばかりだった。

そんなある日、母親は誰もいない暗い部屋の隅で誰かと話していた。不思議に思ってそっと覗いてみると暗い中に誰かが潜んでいるようだった。

それからも、電気を消して暗闇になると不気味にうごめくものがいて、怖くなったマーティンは、家を出て独立している姉レベッカ(テリーサ・パーマー)に相談するが……。


名古屋駅に新しい映画館が先月オープンした。「ミッドランドスクエアシネマ2」だ。シネコンだからどこも同じ映画ばかりやっていると思い込んでいたら、この『ライト/オフ』が上映されていたので早速初日・初回にいった。

造りは「新宿バルト9」と似ていて細いエスカレーターで各劇場に行くようになっている。縦長の映画館だ。ふと、何か事が起きたらと心配😟になった。まあ、一番安心な劇場はいつも行く「シネマスコーレ」さんだ。(地続きの階段なしの一階)

さてさて、入りは15人くらい。あまり宣伝もなかったからこんなものだ。ホラーの道具だてとして「暗闇」一つでここまで怖がらせてくれる設定はお見事。人間の心に潜む暗闇が形を変えて迫ってくるのもホラー的に面白い。

電気をつけるとかすかにジジジジという通電の音が聞こえるが、この音が効果的に使われていた。

☆お姉さん役のテリーサ・パーマーさんは『ウォーム・ボディーズ』でニコラス・ホルトの恋人を演じた方。
posted by ミッキー at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: