2016年08月07日

外の暑さに負けない、熱いDVDで1日過ごした 「未知への飛行 FAIL−SAFE」「殺人者はライフルを持っている ! Targets」

DVD「未知への飛行 FAIL−SAFE 」シドニー・ルメット監督 /アメリカ/ 101分 /1964年

アメリカ軍司令部の安全照合装置が故障して、核を搭載して巡回中の爆撃機隊に「モスクワ爆撃」の命令が発信された。

命令どおり爆撃機は特別司令モードに切り替えてモスクワを目指す。本部はすぐに帰還命令を出すが、ソ連の電波妨害や、その命令も「敵の策略」と考えられるので無視する規則。そのまま進んでいく。

アメリカ大統領とソ連首脳は電話で直接話し合うが…。

いつもDVDでお世話になっているO兄様オススメ作品。アメリカとソ連がいつこうなっても不思議ではない時代だから、爆撃機の乗員もいろいろ訓練されている。しかし「誤作動」の秘密の合言葉がなかったために……人間のやることだから間違い作動も視野のうちだ。

アメリカ大統領の提案も、最後の幕切れにも、鳥肌がたった。

DVD「殺人者はライフルを持っている! Targets 」ピーター・ボグダノヴィッチ監督 /アメリカ/90分 /1968年

怪奇映画の大スターバイロン(ボリス・カーロフ)は引退を決意したが、偶然、道端で会ったサミー監督(ピーター・ボグダノヴィッチ)に次回作の出演を求められた。

その様子を向かい側のガンショップの窓から眺めていた客・ボビー(ティム・オケリー)は、その店でライフルと弾丸を買う。

この奇妙なすれ違いが、映画の進行と共に決定的な結末になる。監督さん自らサミー監督を演じている。

普通の男・ボビーの行動を追うと、今、どこの国でも起きている事件を暗示しているようで寒気がした。
posted by ミッキー at 09:02| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: