2016年08月05日

新宿シネマカリテでカリコレ(6)『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』『京城学校:消えた少女たち』

🎬『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』スティーヴン・C・ミラー監督/アメリカ、カナダ/94分/2012年

アメリカ・ウィスコンシン州の平穏な田舎町。今日はクリスマス・イブ。そんな時に。連続殺人事件が……。

いつもは事件などあまりないので、保安官(マルコム・マクダウェル)は大事件に腕まくり、怖がりの助手、電話交換の女性、そして新米女性保安官(ジェイミー・キング)で解決しようとするが…。数少ない目撃情報で犯人はサンタクロースの格好をしているとわかる。

サンタクロースが殺人鬼という内容で話題になったスラッシャーホラー『悪魔のサンタクロース/惨殺の斧』をリメイク版。

夜にサンタ・パレードがあるので、町中にサンタクロースの格好をした人があふれている。殺人現場の足跡が大きかったので、大足の男ということしかわからない。

今日は無断欠勤か女と駆け落ちかと同僚のかげ口をいっていたら、その副保安官も浮気相手とともに殺されていた。時間がたつにつれてどんどん殺される。その殺され方も火炎放射器、斧、ナイフ、メリケンサック、極め付けは脱穀機 ❗️

やりすぎ、荒っぽい、の感はあるがホラー好きは見逃せない。

🎬『京城学校:消えた少女たち』イ・ヘヨン監督/韓国/99分

1938年。日本統治下の京城の山奥にある全寮制の療養学校。重い病を患う朝鮮人少女たちは、ここで勉強と「治療」として新薬を飲まされる。

転校生のジュランは、次々と姿を消してしまう生徒たちを不思議に思い、学校の秘密を探ろうとするが…。

美しいチラシと大好きな『ヨコヅナ・マドンナ』の監督作品だから期待していたが、ミッキーは二回ほど💤💤。

たどたどしい日本語でげんなり。ストーリーも半分寝ていたからぼんやり。最後、なんとなく緊迫した感じも伝わるが、寝ていてキツイことは言えないが、お金返して一歩手前のレベル。


posted by ミッキー at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: