2016年07月12日

80年前の8月に…8月11日公開『栄光のランナー 1936ベルリン』

🎬『栄光のランナー 1936ベルリン』スティーヴン・ホプキンス監督/アメリカ、ドイツ、カナダ/134分/8月11日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー公開

貧しい家庭に生まれたジェシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス)は、中学時代から陸上選手の才能を発揮していた。高校ではオハイオ州の大きな大会で3年連続で優勝を果たし、走り幅跳びでは世界新を出した。

家族の期待を一身に背負ってオハイオ州立大学に進学したオーエンスは、黒人であるがゆえに学内でもいろんな差別をうけるが、コーチのラリー・スナイダー(ジェイソン・サダイキス)に出会い、オリンピックを目指し、毎日、脇目もふらず練習に励んでいた。

1936年。ベルリンオリンピックのアメリカ代表に選出されたが…。

ナチス独裁政権下で開催された1936年のベルリンオリンピックで、オリンピック史上初の「4冠」を達成したアメリカの陸上選手ジェシー・オーエンス。人種差別やナチス政権の黒い裏面と戦ったオーエンスのコーチ、仲間、家族を力強く描かれていた。

この1936年のオリンピックの記録映画『オリンピア』を2回観ているが、きっとこの映画の中でもオーエンスが映ってはず。このことをしっかり記憶に留めたいと思っていたところ、DVDでいつもお世話になっている、O兄さんが図らずも持ってきてくださった。

早速、レニ・リーフェンシュタール監督オリンピアを見て、改めて映画史とオリンピック史に残る偉業を堪能した。

公開時はブラジルのリオ五輪開催時期とも、80年前のベルリンオリンピックとも重なっている8月。是非、暑い夏の後半を、この作品の「感動とエネルギー」で乗り切ってほしい。
posted by ミッキー at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: