2016年07月09日

切ない恋と友情が加速する!7月9日公開『シング・ストリート 未来へのうた』

🎬『シング・ストリート 未来へのうた』ジョン・カーニー監督/アイルランド、イギリス、アメリカ/106分/7月9日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショー公開中

1985年、大不況のダブリン。父親の失業で、私学から荒れた公立校に転校させられた14歳のコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)。

音楽マニアの兄ブレンダン(ジャック・レイナー)と一緒に、隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ている時だけが幸せだった。

そんなある日、転校した学校の門で、ラフィナ(ルーシー・ボイントン)を見てから、コナーは彼女の美しさに心を打ちぬかれ「僕のバンドのミュージックビデオに出ない?」と聞いてみたら、面白がってくれてOKと言ってくれた。

コナーは慌ててバンド仲間を探し、バンド「シング・ストリート」結成する。


今日は大降りの☔️雨の中、歩いて伏見ミリオンに行き、初日初回で観たのがこの作品。若い人が中心に6割がた入っていた。どこの評を読んでもいいので出足は好調だ。

この作品は『once ダブリンの街角で』『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督による半自伝的青春ストーリー。ミッキーは美少年コナーの澄み切った瞳と汚れのない声に惚れてしまった。

コナーの両親の口喧嘩は毎日で、兄弟たちを暗い気持ちにさせている。聞きたくないから音楽に救いを求めているようにも見えた。私学から公立の転校だって本人にとって大変なことだ。

音楽青春映画として最高な映画だが、ミッキー年代からみれば、親から子に「あなた達を愛している」の言葉は一回もなかった。反対に、子が母親の姿をじっと捉えていたのが印象に残った。
posted by ミッキー at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: