2016年06月22日

悪魔の名前は‥7月9日公開『死霊館 エンフィールド事件』

🎬『死霊館 エンフィールド事件』ジェイムズ・ワン監督、脚本/アメリカ/7月9日より新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開

ロンドン北部の町・エンフィールドでシングルマザーのペギー(フランシス・オコナー)は、4人の子どもたちと暮らしていた。

家族は、正体不明の音や不思議な声、家具が勝手に動く、人体浮遊など不可解な現象で毎日苦しめられていた。

11歳になるジャネット(マディソン・ウルフ)は突然、身体を硬直させて、しわがれた老人の声で「この家から出て行け、ここは私の家だ」と言うようになった。

心霊研究家のウォーレン夫妻(夫エド/パトリック・ウィルソン 妻ロレイン/ベラ・ファーミガ)は、ペギーの家族を救うために家へ向かい、その原因を探ろうとするが、それは彼らの想像を超えるものだった。

この作品は2013年公開の『死霊館』の続編。内容を忘れているので試写の帰りに早速DVDを借りたが、続編というより、実在の超常現象研究家・ウォーレン夫婦のシリーズ物といったほうがいいようだ。

だから『死霊館』を観ていなくても、うんと楽しめる ? ホラーに仕上がっている。改めてDVDで見た感想は『死霊館』も、もうすぐ公開の『死霊館 エンフィールド事件』も最恐 ❗️

ホラー好きなミッキーが言ってるのだから、間違いない ❗️

☆ジェイムズ・ワン監督さんは子役の選び方、扱い方が上手い。『死霊館』では五人姉妹、新作では4兄妹と、悪魔は子ども好きなんだろうか。



posted by ミッキー at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: