2016年06月15日

サンザシの花言葉によせて 7月2日公開『フラワーショー ! 』

🎬『フラワーショー ! 』ヴィヴィアン・デ・コルシィ監督/アイルランド/100分/7月2日よりヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国順次ロードショー公開(名古屋は7月16日より伏見ミリオン座にて公開)

アイルランドの片田舎に住むメアリーは幼い時から自然に触れ合う環境で育ち、彼女自身もそんな生活の中で「ガーデニングのデザイナーになりたい」と思い成長した。気に入ったイメージが浮かぶと、いつもデッサンをして書きためていた。

大人になったメアリー( エマ・グリーンウェル)は、業界でも売れっ子ガーデンデザイナーのシャーロット(クリスティン・マルツァーノ)のアシスタントとして働くようになる。

自分の書きためていたデザイン帳を持っていかれて、その中のものをどんどん自分のものとして発表するシャーロットに、嫌な顔もしないで協力していく。

彼女のデザインを参考にしたシャーロットは、世界一の権威あるチェルシーフラワーショー参加を成し遂げ、現地に手伝いに同行したメアリーを誰にも紹介せず、無視される。そして帰国後クビになってしまう。


100年以上の歴史を誇るロンドンのチェルシー・フラワーショーにアイルランドの田舎娘メアリーが挑戦する実話もの。アイルランドの見事な景色、庭づくりの苦労など知ることができた。

主役のエマ・グリーンウェルさんの表情が生き生きしていて美しく、恋のお相手の植物学者クリスティ(トム・ヒューズ)も整ったお顔立ち。(ミッキーの好みではないが)

映画全体としては、カメラは最高、だけど、演出、編集がイマイチと感じた。足に相当深い傷を負ったメアリーだが、次の日にはスレンダーの足をそのまま映している。

それに一番気になる点は、個人(ここではシャーロット)を一方的に悪く描いていることだ。その方から何か文句は出なかったのか、裁判にでもなっていないか、などとても😰。

まあ、老婆心ゆえの感想だから聞き流してほしいが、ここまであからさまには描いてほしくなかった。

☆サンザシの花言葉は「希望」
posted by ミッキー at 04:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: