2016年05月27日

NOと言われないマイケル・ムーア監督 5月27日公開『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』

🎬『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』マイケル・ムーア監督/アメリカ/119分/伏見ミリオン初日初回

『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』『シッコ』など、アメリカ国内のさまざまな問題を突撃アポなし取材で切り込んできたマイケル・ムーア監督。

アメリカ国防総省幹部から「アメリカは一向に良くならない」悩みを持ちかけられたムーア監督が国防省に代わって「侵略者」になり、世界各国の「うまくいってることやそのやり方」を略奪するために空母ロナルド・レーガンに搭乗しヨーロッパに向かう。


題名から想像すると物騒な感じだが、中身は今までとは違いムーア監督独特の「突撃の牙」はない。

マイケル・ムーアが最初に行ったのはイタリア。昼は2時間の休み時間で、1年の有給は8週間。育児休暇も小1年、もちろん有給。

お次はフランスの小学校の給食。これにはミッキーも驚いた。フルコースなのだ。チーズも選べてスィーツもチョイスできる。飲み物はシンプルでお水。フランスの子はアメリカの給食を見て「気持ち悪〜い」と口を揃えて言っていた。

ドイツでは勤務時間以外のメールや電話することは禁止。

ノルウェーの刑務所の自由な暮らしと空間。

ムーア監督は「この制度ややり方を略奪していいですか」と聞く。もちろん笑顔で「Yes ! 」だ。

日本ならどんな仕組みが略奪されるか…考えても思い浮かばなかった。
posted by ミッキー at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: