2016年05月18日

トム・ハーディに2倍惚れ 6月18日公開『レジェンド 狂気の美学』

🎬『レジェンド 狂気の美学』 ブライアン・ヘルゲランド監督/イギリス、フランス/131分/6月18日より YEBISU GARDEN CINEMA、新宿 シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、名古屋センチュリーシネマ他にて全国ロードショー公開

1960年代初頭のロンドン。強い絆で結ばれた双子のギャング、レジーとロンの(トム・ハーディ二役)クレイ兄弟はそのカリスマ性と暴力で街を支配していた。

アメリカン・マフィアと手を組み、政治家やセレブたちと親交し、さらに組織は大きくなっていった。

そんな頃、レジーは手下のお抱え運転手の妹・フランシス(エミリー・ブライニング)と出会い一目惚れする。フランシスの母親は猛反対するが、二人は愛し合い、悪事と手を切ると約束したレジーだったが……。


実在の双子ギャングの物語。

トム・ハーディのファンにとって、どの画面にもほとんど出ているので、例え1800円払っても惜しくはない。1100円で観られるなら大儲け。ミッキーも1秒の💤もなく魅入ってしまった。それぐらい魅力的な映画❗️

二役だから、そこそこ(当たり前だけど)似てるが、違う俳優さんと感じるほどで、トム・ハーディの役作りの凄さを再々認識した。

新宿シネマカリテで観た『ブロンソン』を彷彿させてくれた。

🎥『ブロンソン』ニコラス・ウィンディング・レフン監督/イギリス/92分/2008年
1974年、なんでもいいから有名になりたかった19歳のマイケル(トム・ハーディ)は手製の銃で郵便局を襲う。あっさり捕まって7年の刑務所暮らし。
彼は俳優のチャールズ・ブロンソンの分身だと主張し、その強烈な妄想と性格で、その後も34年にわたり刑務所生活を「今」も送っている…。 DVDアリ‼️

posted by ミッキー at 08:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: