2016年05月14日

5月14日公開(1)『殿、利息でござる !』『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』

今日1日はTOHOシネマズ名古屋ベイシティで5月14日公開の作品をがんばって4作品観た。今日明日で2作品ずつアップしたい。

映画の合間が短いので、弁当(テンプラ、キュウリの塩揉み、卵焼き、梅干し)、夏みかん、柿の種、ビスコ、蒸かし芋、ヨーグルトなどを持参してピクニック気分で出かけた。

🎬『殿、利息でござる!』中村義洋監督/129分

江戸中期。仙台藩は財政が逼迫して、民衆は税に苦しみ夜逃げが多発した。小さな宿場町もすっかり寂れてしまった。造り酒屋の主・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は町の行く末を心配していた。そんな中で知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)は秘策を打ち出した。

大金を集めて藩に貸し付け、そこから利息を取ろうというもので、目標額は千両。これが明るみになれば打ち首はまぬがれない。十三郎と宿場町の仲間たちは、隠密に大金を集めようと奔走するが…。

これが江戸時代の実話とはおそれいった。今の時代にタイムワープして活躍してほしい知恵と仲間うちの結束と行動力。

極秘行動のはずが「金を出せば名誉も利益もあるだろう」とふんだ金持ち大店の主人たちは一口のせてほしいために右往左往する様子は面白く、会場から笑い声も聞こえてきた。

☆仙台藩主の役でフィギュアスケートの羽生結弦さん(お顔もお名前も知らなかった💦)が映画初出演していた。銀盤上でいつも身体演技で魅力をいっぱい出しているだろうから、演技はお手の物にちがいないが、台詞も明確で品もあって、なかなかの若殿様ぶりだった。

🎬『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』福田雄一監督/118分

紅游高校拳法部に所属している色丞狂介・変態仮面(鈴木亮平)は、相変わらず姫野愛子(清水富美加)の使用済みパンティを被って悪を倒していた。でも愛子の気持ちは複雑でパンティを返してほしいと言われた。

同級生の真琴正(柳楽優弥)は、愛子を傷つけている狂介のことを憎んでいた。

そんな頃、日本の都市部分で新品パンティも使用済みのパンティも消えてしまい、日本の全土に広まる勢いだった。もちろん、ニュースはこれで持ちきりになっていた。

愛子も失い、パワーの元のパンティもない狂介はパンティを消してしまった最強の敵と戦うことになったが…。

日本中からパンティが消えたら何をはいたらいいの?

苦肉の策でガードルを被って戦うも前が見えない。パワーアップのために変態道場で一週間修行するという展開も面白く、ばかばかしいと思いながら最後まで楽しめた。

ピザ屋経営者の新井浩文、道場の変態大王 ? の安田顕がいい味を出していた。

☆かなり卑猥な台詞やポーズがある作品なのに、若い夫婦と小学生低学年の女の子、幼稚園の男の子家族が観ていたので驚いた。R指定はないが気になって仕方なかった

明日は『心霊ドクターと消された記憶』『ラブ・コントロール 恋すると死んでしまう彼女ボンスン』を予定している。
posted by ミッキー at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: