2016年05月08日

140分ずっと一緒に 5月7日公開『ヴィクトリア』

🎬『ヴィクトリア』セバスチャン・スキッパー監督 /ドイツ/ 140分

地下のクラブで夜通し激しく踊る若い娘ヴィクトリア(ライア・コスタ)は、踊り疲れたので自転車で帰ろうとしたが、店から追い出された地元の若者4人組から話しかけられた。

チンピラには違いないが、悪い若者たちではないと感じたヴィクトリアは、彼らとビルの屋上でビールを飲んで楽しいひと時を過ごした。

ヴィクトリアはリーダー格のゾンネ(フレデリック・ラウ)に好意を感じる。

ところが、この中の一人が刑務所に入っていた時に世話になった男から「ある仕事」を強制され実行しなければならなくなった。その悪事にいろんな事情で加わることになってしまったヴィクトリアは……。

これは超オススメ作品❗️
ベルリンの街角で出会ったヒロインと4人の若者の身に起きる出来事を、140分間ワンカットで描ききった青春サスペンス映画。

時の流れを同じにして、観ている者を彼らと共に「その場にいる」感覚にしてしまう。脚本などはなく、きっと大雑把に成り行きを説明して、台詞は各々任せられたのではないかとおもう。

見事に140分間、悪いことはするが「悪人」ではない彼らの行動を、ミッキーは後ろから片時も離れず、目もそらすことなく観終えた。

2015年の第65回ベルリン国際映画祭では銀熊賞(最優秀芸術貢献賞)など3賞に輝いた。
posted by ミッキー at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: