2016年02月29日

神に毒づいた男 3月12日公開『エスコバル/楽園の掟』

🎬『エスコバル/楽園の掟』アンドレア・ディ・ステファノ監督/フランス、スペイン、ベルギー、パナマ/119分/3月12日よりシネマサンシャイン池袋ほかにて全国順次ロードショー公開


サーファーのカナダ人青年ニック(ジョシュ・ハッチャーソン)は、兄の住むコロンビアを訪れた。そこはサーファーにとっていい波がたつ海辺が目の前にあって、楽園のような場所だ。

その浜辺でニックは🌟美しいコロンビア人女性マリア(クラウディア・トレイザック)と知り合い恋に落ちる。

マリアの叔父パブロ・エスコバル(ベニチオ・デル・トロ)は国会議員で、民衆からの人気もあるが、コロンビア最大の麻薬組織のボスという裏の顔を持っていた。


コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの実話を基にして作られた作品。


ベニチオ・デル・トロ=麻薬王=犯罪組織=家族思いの一家の長=神を深く信じる=神を罵倒する・・・いろんな側面を観せてくれた。

それにしても、このエスコバルは1989年には世界第7番目のお金持ちと認定されている。政界はもちろん、警察、軍隊も思いのままで、追い詰められて逮捕になっても条件付きで特別刑務所を自前で建築して、そこに収監されていたそうだ。

そんな一族にかかわったニックが「楽園」と思っていた地で、エスコバルの王国の恐ろしさに気付くのはさし時間はかからなかった。

☆映画中でエスコバルが「ポニーとクライドのこと知っているか?その時の車だよ」と銃で撃たれた穴がいっぱいあいた黒い車が出てきた。本物ではないと思うが現実感に溢れていた。
ベニチオ・デル・トロさんは4月9日公開のアメリカ映画『ボーダーライン』麻薬組織ソノラカルテル撲滅のための捜査官の役で登場!
posted by ミッキー at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: