2016年01月21日

名古屋今池シネマテークで『ふたりの死刑囚』

昨日の積雪はその日の午後にはほとんどとけてしまった。今日は雪はふらなかったものの、つめたい風で今年一番の寒さを感じた。

🎬『ふたりの死刑囚』鎌田麗香監督/85分

半世紀がたっても解決していない袴田事件(1966年)袴田巌名張毒ぶどう酒事件(1961年)奥西勝ふたりの死刑囚のその後を追っているドキュメンタリー。ナレーションは「約束 名張毒ぶどう酒事件死刑囚の生涯」で主演した仲代達矢

事件のあらましの情報はよく知っているし、その後、証拠の決め手が疑問視されていることも衆知のこと。だが未だに「死刑囚」のままだ。


保釈されている袴田さんは、長い刑務所生活の果てに拘禁反応が出て、家の外には一歩でないで、家の中をぐるぐる歩き回っている。お姉さんだけには心を許しているようだ。

一方の奥西2015年の10月に獄死。弁護士や支援する人たちの「国はこれを(死)まっているんだ」の言葉に胸を突かれる思いがした。

名張の村の集落の方々の反応がとても不可解で不気味とさえ感じた。
posted by ミッキー at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: