2016年01月11日

若き日のゴッド・ハンド1月16日公開『千年医師物語 ペルシアの彼方へ』

🎬『千年医師物語 ペルシアの彼方へフィリップ・シュテルツェル監督/ドイツ/155分/1月16日より有楽町スバル座他にて全国ロードショー公開



11世紀のイングランド。まだ幼い少年ロブは、愛するの死で、弟や妹は親戚の家に貰われていったが、彼は一人ぼっちになってしまう。ちょうどこの地に来ていた旅回りの理髪師(医療も行う)の荷馬車に黙って乗り込んだことがきっかけで、旅から旅へと手伝いながら成長した。



覚えが良く、情熱的なロブ(トム・ペイン)は、こんな治療法ではいけないと感じて、人々の命を救う医学の理想を未知なる異国ペルシアのイスファハンに求め、一人、旅立つことを決意する。



ペルシアのイスファハンへの道程は苦難に満ちていたが、やっとの思いでたどり着いて、世界最高の医師と呼ばれるイブン・シーナ(ベン・キングズレー)に弟子入りが許されて、医学の知識と診断の経験を学んでいった。



ドイツ映画でも言語が英語。気にはなるけど作品として155分飽きずに観られた。原作は世界で2100万部以上売り上げたベストセラー小説「千年医師物語」で、若き医師の成長物語。その時代背景、試行錯誤の医学の様子を丁寧に描かれていた。



研究熱心なロブは医学の謎を解明しようと師匠イブン・シーナの教えに背いて禁断の行為をするが書けるのはここまで。



監督さんは『アイガー北壁』の方。若き医師の師弟の愛情、、医師仲間の友情なども入っていて映画慣れしていない方でも楽しめる作品に仕上がっている。

posted by ミッキー at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: