2016年01月08日

トム・ハンクス、ぶれない男を演じたらピカイチ 1月8日公開『ブリッジ・オブ・スパイ』

🎥『ブリッジ・オブ・スパイ』スティーブン・スピルバーグ監督/アメリカ/142分/原題:BRIDGE OF SPIES/1月8日よりTOHOシネマズスカラ座他にて全国ロードショー公開

アメリカとソ連が冷戦状態の1957年。ソ連の老スパイ・ルドルフ(マーク・ライランス)が自宅で捕まった。

その男を弁護することになった真面目で実直に生きてきた弁護士・ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、誰も引き受け手のない貧乏クジをひいたようなものだったが、世界の平和がかかっている重大な任務であった。

ソ連の老スパイは型どうりの裁判をして死刑になる運命だったが、ドノバンは「生かしておいて、こちらのスパイが捕まった時の交換条件にする」と提案した。その矢先に案の定「若いアメリカ人スパイ」がソ連で捕まり「交換」することになったが・・・。

内容はハラハラものだが、トム・ハンクスのぶれない演技に安心して楽しめた。ソ連の老スパイ・ルドルフを演じるマーク・ライランスも冷静沈着なスパイで、いつしかドノバン弁護士との人間的なつながりもできる。

この春のアカデミー賞の本命とまで言われている作品を是非、劇場で楽しんでほしい。
posted by ミッキー at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: