2014年12月24日

ハン・ソッキュ先生ステキ! 名古屋1月17日公開 『パパロッティ』

カチンコ『パパロッティ』ユン・ジョンチャン監督/韓国/127分/シネマート六本木で公開中、1月17日より名古屋シネマスコーレにてロードショー公開/http://paparotti.jp/

かつて有望なテノール歌手だったナ・サンジン(ハン・ソッキュ)は、今は地方の芸術学院の声楽教師をしている。レベルがあまり高くない生徒ばかりでやる気が失せがちだったサンジンの元に、歌がうまいが素行が悪く、どこの高校も追い出されているヤクザ者という噂のイ・ジャンホ(イ・ジェフン)が転校してくる。

ジャンホは子分を連れて黒塗りの車(セダン)車で登校。

サンジンは校長に受け入れを何回も断るが・・・。

久しぶりのハン・ソッキュ様。『八月のクリスマス』からずっとファン!惚れたのは眼差しとお声。この作品で声楽教師を演じると知って、観たくて観たくてウズウズしていた。どんな教え方するんだろう、どんな発声をするんだろう、と、シネマート六本木に行ったが、観客は私入れてふらふら3人。

ミッキーおばぁの今春までの本職は「声楽教師」だったので勇んで来たのに3人とはバッド(下向き矢印)

でも映画は大満足exclamation×2 歌も吹き替えだが呼吸音もジャンホの歌い方も◎。ハン・ソッキュ先生の軽い歌声の部分も自然で文句なし!

先生にも生徒にも「歌に関する辛い思い」がだんだんわかってくる。韓国映画のエネルギーは十分感じるが、こってり風味ではなく、さらっとしていて後から味が出てくる・・・そんな作品だった。

※エンドロールが終わって「早く明るくならないかな」と思って歩きかけたら、イ・ジェフンさんが画面にでて来て「観に来てくれてありがとう」と挨拶してくれた。ぴかぴか(新しい)さわやかな青年だった。
posted by ミッキー at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: