2014年11月19日

オタク女子&女装男子仲良く大勝負!12月27日公開『海月姫』

カチンコ『海月姫』川村泰祐監督/126分/12月27日新宿ピカデリー他にて全国ロードショー公開/http://www.kuragehi.me/

とある古いアパート「天水館」で暮らす倉下月海(能年玲奈)は、オタク女子たちと共同生活をしている。自分たちを「尼〜ズ」と呼んで「男など必要としない人生」をモットーに毎日をおくっている。

月海はくらげオタクで、お仲間には、鉄道オタクのばんば(池脇千鶴)、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、枯れたおじさまに心酔するジジ(篠原ともえ)、和物を好む千絵子(馬場園梓)というオタク女子ばかり。

そんなある日、月海が熱帯魚店で揉め事を起こした時ぴかぴか(新しい)美しい女性に助けてもらった。その女性、実は蔵之介(菅田将暉)という男子であることがわかりがく〜(落胆した顔)驚く月海。

その蔵之介は月海や「尼〜ず」たちに興味を持って、こっそり「天水館」の月海の部屋に入って来るようになった。一方、再開発のために、密かに天水館一帯を取り壊す計画が進められていた。

「正月映画はこれで決まりね!」と試写のあとに配給さんに伝えたらわーい(嬉しい顔)喜んでいた。年金満額のミッキーおばぁだってうんと楽しめた。この先の見えない世の中、新年を「くらげのように自分の生き方を少し変容させよう」と奮起するのもいいグッド(上向き矢印)

それだけじゃない。「3人の美・男子」の目のお年玉付きexclamation×2お顔はもちろん、足も美しい菅田くん、真っすぐ視線の長谷川くん、メルセデスも腕っ節もぴかぴか(新しい)ピカピカな速水もこみち。

繰り広げられるファッションショーのクラゲ・ドレスは見応えあり(スタイリストさんは飯嶋久美子)。
原作は東村アキコさん。監督さんは『ひみつのアッコちゃん』(これ、とってもわーい(嬉しい顔)面白い!お正月にDVDでどうぞ)の方。

posted by ミッキー at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: