2014年11月15日

医師夫婦も巻き添えに 11月15日公開 『ポイントブランク〜標的にされた男〜』

カチンコ『ポイントブランク〜標的にされた男〜』チャン監督/韓国/102分/英題:The Target/11月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開/http://pointblank-movie.jp/

ある雨の夜に起きた一つの殺人事件。その場に居合わせた元軍人・ヨフン(リュ・スンリョン)は、何者かに銃撃され病院に運び込まれる。彼を治療した医師テジュン(イ・ジヌク)の妻が突然誘拐され、そこへ「妻を助けたければヨフンを外に連れ出せ」という謎の男からの電話が入る。

テジュンは身重な妻の身に何が起きたか分からないままに、指示通りヨフンを病院から連れ出すが・・・。

上出来のサスペンス!
韓国映画にしては、常識範囲のアクションやドンパチ。例えば、街中の撃ち合い、街中のカーチェイスはほとんどない。解体中のビル、使っていない遊園地、ビル地下駐車場などで存分に暴れまわっているので、余分な心配はない。

ここに「愛する人のためなら自分の命を捨てても」という3組の模様が描かれている。その中で目立たないが、女性警官同士の恋愛感情も折り込まれていて憎い配分だ。

ちょっと気になったのは「え?いつの間にか場面や話が変わった?」というところが2ヶ所あった。映画慣れしているミッキーおばぁ30秒くらい戸惑ったので、編集に「難」ありと思う。善人の方の気持ちの動きはきっちりわかるが、悪人は一辺倒だったのも気になるところ。

でも大宣伝している他の韓国映画より、緊張感を持ってわーい(嬉しい顔)楽しめたのは確かだグッド(上向き矢印)

posted by ミッキー at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: