2014年07月16日

家族に会いたい!『マルティニークからの祈り』 8月29日公開

カチンコ『マルティニークからの祈り』パン・ウンジン監督/韓国/131分/
8月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー/ http://martinique-movie.com/

夫ジョンベ(コ・ス)は妻に内緒で友人の保証人になり大きな借金を背負ってしまい、軌道に乗りかけていた自動車修理工場を手放してしまった。住む家もおいだされ小さなアパートに引っ越す。

そんな時、ジョンベが信頼していた友人のすすめで「金の原石」をフランスに運ぶ仕事の話を聞いたが、女性に限るという条件だった。話の目的はジョンベの妻・ジョンヨン(チョン・ドヨン)だった。

彼女も行く気などさらさら無かったが、アパートの家賃などがたまっていて、どうにもならない状況に夫に黙って仕事を引き受けてしまう。

チョン・ドヨンさんの辛くて苦しい2年間を一緒に体験するように見入ってしまった。
韓国大使館の仕事のお粗末さ、力も金も無い人への差別など韓国にしたら、映し出してほしくないことがてんこ盛りだった。

パリ拘置所3ヶ月、マルティニーク刑務所1年、そして仮釈放9ヶ月。彼女が「家族に会いたい」一心で心細い2年間を戦い抜いた。

2年ぶりでわが子に会ったとき、女の子はお父さんの後ろに隠れてしまい、おずおずと「私を生んでくれたママ?」と言っていた。それぐらい老けたお顔をしていたチョン・ドヨンさん。スッピン顔がこんなに堂々とスクリーンに大写しできる韓国女優さんはいないと思った。

マルティニーク刑務所の看守長に『ママはレスリング・クィーン』のコリンヌ・マシエロさんが恐くて暴力的な役で出ていた。







posted by ミッキー at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: