2014年07月13日

武田幸三の面構えが気に入った!『デスマッチ』

『デスマッチ』アーティ・モーガン監督・脚本/日本
夫の暴力に痛めつけられていた妻のリサ(エル・ベラスコ)は、偶然に食堂にいた男に助けられた。夫はその男に苛立ち仕返しをしようと追いかけナイフを振りかざしたが、もみ合ううちに助けてくれた男ジョー(武田幸三)が夫を刺してしまった。夫を殺害してしまった男は正当防衛であったが、元傭兵だったこともあり6年の刑期となった。

刑期を終えて出所したジョーは、リサを訪ねて来て頭を下げて謝るが、リサは「もうなにも関係ないこと」と言うだけだった。だが、そこにリサの兄が来て「夫が生前に作った借金の返済に苦境に立っている」と知らされる・・・。

監督さんは『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』の室賀厚監督で、アーティ・モーガンと改名してこの作品を、オールフィリピンロケで製作した。

リサと幼い男の子を金銭的に助けるために、リサの兄(あまり真面目じゃない)とコンビを組んでストリートファイトに参加するジョー。

ビシッ!バシッ!と効果音抜群で(始めは耳についたが、慣れてくると心地良いパンチ

主演の武田幸三氏は元キックボクサー。鍛えぬかれた身体で「超合筋」と呼ばれている方。むっつりとしていて、目が細く少し恐い感じだが、リサの子と遊んでいるときは優しい目になってホッとした。

映画は抜群の出来とはほど遠いものだったが、なぜかミッキーおばぁに漲るエネルギーが真っ直ぐ伝わってきた。不思議な力を秘めている作品。
posted by ミッキー at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: