2014年07月06日

時代を超えてガール・ミーツ・ガール 7月19日公開 『思い出のマーニー』

カチンコ『思い出のマーニー』米林宏昌監督/103分/TOHOシネマズスカラ座他にて7月19日全国ロードショー公開/http://marnie.jp/index.html

北海道のとある街。12歳の杏奈(声・高月彩良)は引っ込み思案の中学生。幼いときに両親をなくし、養父母と暮らしている。

あることを知ったことが原因で心を閉ざしてしまった杏奈。喘息の発作が一層ひどくなったので、夏休みを利用して、養母・頼子(声・松嶋菜々子)の親戚である大岩夫婦(声・寺島進、根岸季衣)の住む海辺の村に療養に行くことにした。

養母・頼子と違って、食べること以外はほっといてくれる大岩夫婦との生活に開放感を感じ始めていた杏奈は、美しい小さな湾の対岸に古ぼけた洋館を見つけた。その屋敷を「以前に見た様な気がした」杏奈は、好奇心から引き潮の時に覗いて見た。

そんなことを繰り返していたある日、金髪の少女・マーニー(声・有村架純)と出会う。

映画を観た後、すぐ本屋に行き、原作を買った。
イギリス人の作家ジョーン・G・ロビンソンの児童文学で、舞台を北海道に変えてアニメ映画化した作品だ。
監督は『借りぐらしのアリエッティ』の方。この作品は気に入って3回も観てしまった。

「今までに知り合った女の子の中で、あなたが一番好き」 「あなたが大好き!ずっとここで待っているわ」の台詞に思わずもうやだ〜(悲しい顔)涙。

最後のプリシラ・アーンのるんるん美しい歌声に再度、涙。声の出演もみんな◎グッド(上向き矢印)

夏休みにご家族でご覧になり、ご両親が原作を夜のお休み前のお話タイムで読み聞かせにうってつけの作品。

※マーニーがなぜ金髪かという疑問が出ているようだが、杏奈しか見ていない「マーニー」なら西洋館にマッチした「金髪」も杏奈にとってそれが真実であったのだと思う。

posted by ミッキー at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: