2014年06月04日

ユニークドキュメンタリー 8月公開 『365日のシンプルライフ』

カチンコ『365日のシンプルライフ』ペトリ・ルーッカイネン監督/フィンランド/80分/原題:Tavarataivas/8月よりオーディトリウム渋谷にて全国順次公開/http://www.365simple.net/

ユニークなドキュメンタリーを観た。
26歳の男ペトリ(監督さん)は、自分持ち物全部を物置業者コンテナにいれて、住んでいるアパートをからっぽにした。アパートとコンテナは走って5〜10分くらいの近さにあるようだ。

そこから「一日一個だけコンテナから荷物を持ち出す」「それを365日続ける」「365日食料以外は何も買わない」などルールを作り「本当に必要なもの」を見つけだしていくドキュメンタリーだ。

監督さん来日で京橋フィルムセンターは満員。
まず1日目は真っ裸で、アパートのごみ箱から新聞紙を取り、身体に巻いてコンテナまで走る。そして厚手のコート1枚。その日、そのコートに包まって寝る(コートの袖に足を突っ込み丸まって眠い(睡眠)寝た)

次の日は靴、その次は・・・とだんだん人間らしい生活に。
マットレスを運び込んだときは、今まで床に寝ていたので嬉しくてマットレスにキスをしていた。

あれやこれやで7日目くらいに、暮らしていくのに不自由しなくなり十日間ほどコンテナに行かなくなった。
もちろん携帯もパソコンも(写真家?で会社のパソコンは見ている)持ち込んでいない。食べものは友人の差し入れなどで買い物らしいことはやっていない。

いったい監督さんはどんなきっかけでこの実験フィルムを撮りはじめたのだろう。質疑応答でわかったことだが、失恋失恋がきっかけらしい。物に囲まれた生活をリセットしたいと「実験」を決意したとか。

公開されると話題になることは必至グッド(上向き矢印)

※おばぁなら、1日目・2日目 裸でストリーキングもヘイチャラだから、真っ裸からはじめて、夜中の11時55分に厚手のコートと0時すぎたらトイレットペーパー。
3日目・4日目長靴とあったかいズボン 5日目・6日目大きなタオルケットとぬくい靴下・・・なんて考えてわーい(嬉しい顔)楽しんでいる
posted by ミッキー at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: