2014年06月01日

『GODZILLA』 かおめしさんから感想をいただきました。

こちらシドニーです。
『GODZILLA』は公開前から大々的に宣伝され盛り上がりをみせています。

1作目とは比べものにならないほどわーい(嬉しい顔)面白い。
富士山がどの角度からも大きく綺麗に見える「ありえない日本の風景」はハリウッド映画だからこそできたことですね。

しかも、ゴジラの敵ムートーは日本語っぽい名前なんですが、原発事故のあった市は雀路羅市(ジャンジラ)と、ありえないネーミング。

以上は日本人には気になるけれど外国人には気にならない点だ。これらを除けば総じて85点グッド(上向き矢印)

スティーブン・スピルバーグ監督『ジョーズ』のように、中盤までゴジラを部分的にしか見せてくれなくてイライラしましたが、ようやくハワイの空港でゴジラがドカーンと登場すると、私もオージーたちも思わず「wow!」と叫んでしまいました。

ゴジラが溜めにためて熱線を吐くところも「wow!」 
全セリフ英語の科学者芹沢博士役の渡辺謙がGodzillaをGOJIRA(日本語発音)と発音したところも「Ha Ha Ha!」とわーい(嬉しい顔)大爆笑していました。
   
ちなみにGodzillaはゴッズィーラと発音し、GOJIRAゴジラとは全く別物。

主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』キック・アス』ぴかぴか(新しい)アーロン・テイラー=ジョンソン。 アーロンは今まで以上にブレイクしそうな予感がします。しかし、なんでゴジラの生みの親の日本だけが2ヶ月も遅れて公開なのかふらふら納得できないけど、どんな反響があるか楽しみグッド(上向き矢印)
posted by ミッキー at 08:35| Comment(0) | 感想をいただきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: