2014年05月25日

あ〜、『私の、息子』 6月21日公開

カチンコ『私の、息子』カリン・ペーター・ネッツァー監督/ルーマニア/112分/原題:Pozitia copilului/6月21日よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開/http://www.watashino-musuko.com/

ルーマニアの首都・ブカレスト。上層階級のコルネリア(ルミニツァ・ゲオルギウ)は、30歳にもなる一人息子・バルブ(ボグダン・ドゥミトラケ)のことが気になってしょうがない。

子連れの女と同棲してから、こちらには顔も出さなくなった。社交界の名士たちがこぞって祝うコルネリアの誕生パーティにも顔を見せない。

自分の家の家政婦を週2回ほど息子のマンション(すごい豪華マンションでもちろん親のもの)に行かせて、バルブの家を探らせている・・・。

そんなある日、バルブが交通事故を起こし子供を死なせてしまったという連絡が入る。

ア〜、女の子で良かったとつくづく思った。ミッキーおばぁだって息子がいて、映画という趣味が見つけられなかったら、こうなっていたかも・・・。

ルーマニア映画は『4ヶ月、3週と2日』『汚れなき祈り』を観ているが、深刻で暗く、貧しさが全篇を覆っていた。この『私の、息子』は、同じ国とは思えないくらいふくろお金持ちの特権階級の家庭の出来事。

人脈、金の力にあかして母親が画策する。それを逆手に、この時こそ「チャンス」とばかりに難題をふっかけるやつら。「袖の下」が日常の会話に出てくる国。ルーマニアに漂っている空気が、ひたひたと押し寄せてくるような作品だった。

※息子が薬を買ってきてくれとコルネリアに頼むが、ちゃんと色も説明しているのに、1ランク上の薬を買ってきて罵倒されていたが、おばぁも同じことで娘に叱られる。「1つでいいって言ったのになんで3個も買うの?」と言われる。なんだか観ていてふらふら冷や汗が出た。



posted by ミッキー at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: