2014年05月09日

禁断のストリート・レース! 6月7日公開 『ニード・フォー・スピード』

カチンコ『ニード・フォー・スピード』スコット・ワウ監督/アメリカ/131分/6月7日より丸の内ピカデリー他にて全国ロードショー公開/http://disneystudio.jp/movies/nfs/

父親が残した自動車修理工場を受け継いだトビー(アーロン・ポール)は、週末になるとレース仲間たちと非合法なストリート・レースで、卓越したドライブ・テクニックを競っていた。しかし、ライバルで大金持ちのディーノ(ドミニク・クーパー)の誘いにのって、軽い気持ちでやったレースで、可愛がっていた仲間(別れた彼女の弟)を死なせてしまう。

その事故の成り行きを捻じ曲げられて、トビー1人が罪を背負うことになり刑務所に入るはめになる。しばらくして仮釈放になった彼は、無実の証明とリベンジをするために、全米最大のストリート・レース・グランプリ「デレオン」の開催地サンフランシスコに向う。

世界で一番人気のあるレーシング・ゲームを基にしたカーアクション映画。

車のことはチンプンカンプンなミッキーおばぁだが、「エンジン音」を聞くのは大好きグッド(上向き矢印)車がスタートする時に出る「♪ブルンブルン〜ブルルルブルン」の音。

エンジン音のデザイナーという職種があって、車に詳しい方はその音だけで車種がわかるそうだ。そのエンジン音がいっぱい聞けたのでわーい(嬉しい顔)満足。

一般道を走るからスリルは満点。だが、危険と隣り合わせ。車好きには見逃せない映画だが、息つく暇さえない。まるでジェットコースターに乗っているようだ。

悪役を演じた『デビルズ・ダブル〜』のドミニク・クーパー、行動的なイギリス娘ジュリア役のイモージェン・プーツ、主催者で実況中継もするモナーク(マイケル・キートン)が脇をかためている。

※映画の最後に「危険ですから絶対まねはしないでください」と字幕で出たが、誰がこんなまねが出来るのか?と思わず噴出してしまった!
posted by ミッキー at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: