2014年03月21日

3月21日(金曜 春分の日) お久しぶりです!マリアンネ・ゼーゲブレヒトさん。4月26日公開 『バチカンで逢いましょう』


カチンコ『バチカンで逢いましょう』トミー・ヴィガント監督/ドイツ/105分/4月26日(土曜)より新宿武蔵野館他にて全国ロードショー/http://www.cinematravellers.com/

夫を亡くしたマルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は、娘家族と同居することにした。だが、ゆくゆくは娘の近くの老人ホームへ入ってほしいという話にがく〜(落胆した顔)驚く。

約束していた「ローマ法王に会いに連れて行ってくれる」というのも、いつになるか分からないと悟ったマルガレーテは、黙って一人でバチカンに向かう。

『バグダッド・カフェ』のマリアンネ・ゼーゲブレヒトさんが主役。
このるんるん音楽も大好き。街を歩いていても、どこからともなく聴こえてくるメロディ。気だるくメランコリーになってしまうが、とても落ち着かせてくれる。

その『バグダッド・カフェ』から何年たったのだろうか・・・26年前だ。
体重は変わっていないが、好い感じに歳を重ねてきていらっしゃった。わーい(嬉しい顔)嬉しい。

彼女には、法王さまの前で懺悔しなければならないことがあった。
敬愛する法王さまは、彼女と同じバイエルン出身の方だからもう夢中。その様子がまるでぴかぴか(新しい)少女のようだった。

75歳くらいのマルガレーテと娘・マリー(アネット・フィラー)、そして孫娘の3世代が、ちょっとした意見の違い、諍い、家族でもなかなかNO!と言えないことなどが絡まって、とてもほろ苦い大人味の作品に仕上がっている。

『バグダッド・カフェ』でも『バチカンで逢いましょう』でも、マリアンネ・ゼーゲブレヒトさんはお掃除やお料理で、大活躍してくれるグッド(上向き矢印)



posted by ミッキー at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: