2014年02月28日

2月28日(金曜) 逆転!痛快!実話! 3月21日公開 『ワン チャンス』


カチンコ『ワン チャンス』デビッド・フランケン監督/103分/イギリス/3月21日(金曜)TOHOシネマズ有楽町ほか全国ロードショー!/http://onechance.gaga.ne.jp/

イギリスの片田舎で、子どもの頃から太った体型のためにいじめられ、大人になってもなかなか自信を持てずにいたポール・ポッツ(ジェームズ・コーデン)は、るんるんオペラ歌手になるという夢を持ちながら、携帯電話ショップで働いていた。

ネットで知り合った初恋のジュルズ(アレクサンドラ・ローチ)に勇気づけられ、何回も挫折しながら、夢に向って努力するポールだったが・・・。

全編、歌はポール・ポッツさんご自身のお声。柔らかくて素直なぴかぴか(新しい)響き。
彼を演じるジェームズ・コーデンさんは、マイク・リー監督作品『人生は、時々晴れ』で心臓発作を起こして入院した長男役の方だ。(体重は変化していないなぁ)

実際のポール・ポッツさんのお顔や雰囲気がとても似ていたし、歌うときの口のあけ方、歌う姿勢などよく勉強されていた。

特に感心した点は、ポール・ポッツさんの歌声を小出しにしてあったこと。
そして最後のイギリスのオーディション番組で歌うるんるん「誰も寝てはならぬ」で感動の頂点に持ってきたことだ。

声は体を表し心の状態をも表す。
ポール・ポッツさんはたとえイタリア歌曲やオペラのアリアだけしか歌えないとしても、他のオペラ歌手にはない純真さとナイーブさが聴いている人を優しく包んでくれる何かがあると感じた。




posted by ミッキー at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: