2014年02月24日

2月24日(月曜)名古屋西区イオンシネマ・ワンダーで 『沖縄美ら海水族館 海からのメッセージ』 『ハロー!純一』


カチンコ『沖縄美ら(ちゅら)海水族館 海からのメッセージ』> 山城竹識監督
こどもらによい映画を見せようと企画された「こどもの映画館」シリーズ第1弾。

お客は私一人。始まっても会場は小さい明かりがついたまま。
こども劇場だから?でも親子で来て、暗くなった異空間で映画をみる!が本筋じゃないかな。

それに、画像として少し明るくして劇場でみせるように製作されているのかな?
沖縄の水族館や自然の景色を堪能したい者にとってぼんやりとした画像だった。

ま、標準が小学生ぐらい(レベルとしては幼稚園や小学生低学年)だから、おばぁには物足りない映像。
小学生も自宅の大画面でみた方が数倍美しいものが観られると思う。

もうすぐ娘と沼津深海水族館にいく予定だから、一度水族館ものを観たくてきたが、むだ足だった。

劇場のロビーで苦情コーナー(わーい(嬉しい顔)こんなコーナーがあるなんて始めて)を見ると私と同じ苦情が書いてあった!


カチンコ『ハロー!純一』> 石井克人、川口花乃子、吉岡篤史監督
気の弱い純一は想いを寄せる前田さんに借りたケシゴムを恥ずかしくて返せないでいた。
彼の友だちはみんな個性的。どうしても純一が一番おとなしくて損な役回りが多いが、いつも一緒に行動している仲間だ。

そんなある日、教育実習生のアンナ先生が純一たちのクラスにやって来た。
この先生の型破りな言語や行動で純一たちは驚いてしまうが・・・。

これは面白い!
今時の子どもなら、これぐらいパンチパンチのある作品がいいと思う。

それにミッキーおばぁは感激した!
その場面は、お祖父さまの部屋にある仏壇に、いつも軽く頭を下げていた。

もちろん監督さんの指示だろうが、その様子だけで、純一くんの両親は仕事が忙しくあまり世話できないけど、家庭は落ち着いた良識のある環境だと一目でわかった。

純一くんにも誰にも言えないことがあるように、先生だって、実習の先生だって、友だちだって、みんな同じように「裏面」があることをバシッとわかりやすく表現されていた。
posted by ミッキー at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: