2014年01月10日

1月10日(金曜)大映映画 『霧の音』と、すべり込みセーフ『REDリターンズ』


カチンコ『霧の音』清水宏監督/1956年
 お互いに好きあっていた男女が、3年目ごとの満月中秋名月に高原の山小屋に行きながら再会を果たせず、結ばれることなく終ってしまうというストーリー。

男は妻子のある植物学者大沼一彦(上原謙)、女はつる子(木暮実千代)。彼女は植物に興味がない奥様に代わって、大沼の助手をするようになった。
研究のために高原の山小屋にも一緒に行くが、お互い想いは通じていても体の関係はない。

山里の宿、五右衛門風呂、田舎芸者(浪花千栄子)、宿のおばさん(浦辺粂子)がいい味わいを出していた。特に名古屋から流れてきた芸者・浪花千栄子の名古屋弁がとてもよかった。グッド(上向き矢印)
味わいは良かったが腑に落ちないところがあった。

若いときに、この高原で、大沼とつる子が植物の研究でひと月くらいは過ごしていたはずなのに、宿や村の人たちはあんなぴかぴか(新しい)美人さんを忘れてしまったのだろうか。
大沼の家庭を壊すのをためらって黙って去っていったつる子が、3年後ぐらいの間に、この地に来て芸者になっても誰も気がつかなかったのだろうか。
それになぜ3年ごとになっているのかもわからない。ストーリーにはそう書いてあるが
そう決めた言葉や手紙の文面もない・・・?

カチンコ『REDリターンズ』ディーン・バリソット監督/アメリカ
元CIAエージェントのフランク・モーゼズ(ブルース・ウィリス)は、引退して恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー/お茶目な表情が◎)とともに普通の生活をしていた。
そんなところに、元相棒のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が現れ、どうでも仲間に入れと誘うが、断った矢先、目の前でマーヴィンの車(RV)車が爆発。彼の葬儀に参列しもうやだ〜(悲しい顔)悲しみに暮れていると突然FBI捜査官に連行される。

滑り込みセーフで最後の上映に行った。
俳優、脚本、テンポ良いストーリー展開、アクション(ちょっとやり過ぎ?)、最後のどんでん返し等、見応え十分。
「貫禄たっぷりのご陣」「若々しいマッチョなイ・ビョンホンお一人」(身体がすごい◎)がいいバランス。
やっぱりなんやかんや言っても若い身体に目目がいってしまった。
雪のちらつく夜にわざわざ観に行って損はなかった!
posted by ミッキー at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: