2023年06月21日

『哀しみのベラドンナ』大須シネマにて

6月は大須シネマではアニメを中心に上映している。日頃見ることができない作品もあって、今日、7時半からの『哀しみのベラドンナ』は10名以上のお客がいた。詳しくは http://www.osucinema.com/

🎬『哀しみのベラドンナ』山本暎一監督/89分/1973年

中世フランスの農村。ジャンとジャンヌは婚礼の日を目の前に、領主に結婚の許可を2人して願いに行ったが、貢ぎ物が足りないと怒り、そのかわりジャンヌの処女を奪われた。

怒りと悲しみにくれるジャンに「嫌なことを忘れて、生きていこう」というジャンヌ。2人はよく働いて幸せに暮らしていた。その後、村は飢饉になったが、ジャンヌの紡ぎ糸のおかげで食うには困らなかった。

そんなジャンヌを妬んで「悪魔が取り憑いている」と噂になって……。

F8A388EB-8F36-4886-840D-A62F79FBA9C5.jpeg

原作はフランスの歴史家ジュール・ミシュレの小説『魔女』。

虫プロとヘラルド映画提携の大人のためのアニメーション。挿絵画家・深井国の原画が中心。作画監督は杉井ギサブロー。主人公のジャンヌの声を長山藍子、悪魔を仲代達矢が声をやっていた。ナレーションは中山千夏。 

約50年前の珍品アニメ。音楽が懐かしい歌謡曲調だが、歌っている方は「声がまっすぐなのに曲想が出ていて」とても上手い。マリンバも上手かった。

アニメでもセックスシーンは際どく、想像させるような動き、呻き声をつけていて相当な「色もの」で、大人のためのアニメ。






posted by ミッキー at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月20日

『青いカフタンの仕立て屋』伏見ミリオン座にて

🎬『青いカフタンの仕立て屋』マリアム・トゥザニ監督、脚本/フランス、モロッコ、ベルギー、デンマーク/122分

モロッコの海沿いの街サレの路地裏で、女性の正装用の伝統あるカフタンドレスの仕立て屋を営む中年夫婦ハリム(サーレフ・バクリ)とミナ(ルブナ・アザバル)。

ハリムは高い技術を持ち、伝統を守る仕事をこよなく愛しながらも、自身は結婚はしているが宗教的には疎んじられた性癖であることに苦悩していた。ミナは夫の全てを受け入れて理解した上で支えてきたが、彼女は病に侵され余命わずかとなってしまう。

そんな彼らの前にユーセフ(アイユーブ・ミシウィ)という身寄りのない若い職人が現れ、3人は力を合わせて青いカフタン作りをするが……。

F37DEAFB-67C6-497F-850E-7E9FC49D3DC3.jpeg

マリアム・トゥザニ監督の前作『モロッコ、彼女たちの朝』も人情味のある作品でモロッコの市街地の様子がとても気に入った。この時のパン屋の女主人がルブナ・アザバルさんだった。

伝統のカフタンに細かい刺繍を施す手先、出来上がってくる衣装の美しさにため息が出た。それ以上に人間の節度ある生活信条にうたれた。ほとんど室内の映像が多いが、聞こえてくる街の騒音、コーランの響きが遠くから響いてくる音響や整音が秀逸だった。


posted by ミッキー at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月19日

EUフィルムデーズ2023(7)『アイスマイヤー曹長の選択』『恋するアナイス』

10A3D3EE-435D-4B84-A117-9EA8C87A8774.png

🎬『アイスマイヤー曹長の選択』ダーヴィト・ワーグナー監督/オーストリア、ドイツ/87分/日本初上映

規律と秩序が信条の妻子持ちのアイスマイヤー曹長(ゲアハート・リーブマン)は厳しい訓練将校。しかし、自らゲイであることを皆にカミングアウトする新兵・ファラク(ユリア・コーシッツ)に惹かれ、性的指向を隠してきた 彼は激しく動揺する。

訓練将校として尊敬されている今の姿を守るのか、それとも自分の心と欲望に従うのか……。


🎬『恋するアナイス』シャルリーヌ・ブルジョワ=タケ/フランス/98分

「16世紀における情熱」についての博士論文が思うように進まず、将来も恋 愛も見通しが立たないでいる 30歳のアナイス(アナイス・ドゥ ムスティエ)は、ダニエ ルという年配の男性とつき合い始めるが、その妻である小説家・エミリー(ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ)に魅了されていく。


上記2作品はLG映画。このところ多くの作品でLGBTが取り上げている。全編に表れているより一部分で描かれている作品を合わせると10本中、3本はあるように感じる。

地元愛知県で「あいち国際女性映画祭」が毎年開催されているので自然と「女性監督作品」に気が向いてしまうが、その割合は10本中、2本もない。それが「LGBT」はここ2年ぐらいで目を見張る勢い。

で、上記の2作品だが『アイスマイヤー〜』は事実が基になっていて、最後にはご本人たちが軍服で結婚式の様子が映し出される。そういう事実は素晴らしいが、悩みに悩んで苦しんでやっと告白したという時間が描かれていないし、曹長の幼い息子との対話が気に障った。

『恋するアナイス』は多動性で落ち着きのない30歳の女性の物語。支離滅裂な行動で、正直、フランスがこんな作品を出して来て❗️と思った。オンラインで監督トークがあったが20人ぐらいの方がサッと帰られた。


posted by ミッキー at 21:59| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする