2022年10月25日

第35回東京国際映画祭2022(1)オープニング作品『ラーゲリより愛を込めて』 

315E336A-2C55-4356-8279-7E78D6C01313.jpeg

🎬 『ラーゲリより愛を込めて』瀬々敬久監督/133分

1945年、零下40度のシベリアで一日に黒パン一個の食料、過酷な労働のノルマが決められ死んでいく者が続出する強制収容所に捕虜の山本幡男(二宮和也)はいた。

ロシア文学に惹かれ、大学でロシア語を専攻し収容所内で通訳もした彼は、スパイ容疑がかけられ一層酷い扱いを受けていた。      劣悪な環境の不満や捕虜同士の諍いの中で「きっと、ダモイ(帰国)の日は必ず来る!」と皆を励まし、文字の書けない男に教えたり、俳句をつくったりと厳しい状況の暮らしにささやかな光を見いだしていた。

彼自身も美しい妻・モジミ(北川景子)や可愛い4人の子と約束した「必ず帰る」を胸に秘めていた。

今「ラーゲリ」と聞いてすぐに理解できる方は何人いらっしゃるだろうか。戦後すぐに生また私も、今回ご紹介する作品を観るまでは「第二次世界大戦後のソ連の捕虜収用所」と大雑把な知識しかなく、極寒の地での抑留生活や過酷な労働のことはほとんど知らなかった。 

1945年、零下40度のシベリアで一日に黒パン一個の食料、過酷な労働のノルマが決められ死んでいく者が続出する強制収容所に捕虜の山本幡男(二宮和也)はいた。
ロシア文学に惹かれ、大学でロシア語を専攻し収容所内で通訳もした彼は、スパイ容疑がかけられ一層酷い扱いを受けていた。      劣悪な環境の不満や捕虜同士の諍いの中で「きっと、ダモイ(帰国)の日は必ず来る!」と皆を励まし、文字の書けない男に教えたり、俳句をつくったりと厳しい状況の暮らしにささやかな光を見いだしていた。

彼自身も美しい妻・モジミ(北川景子)や可愛い4人の子と約束した「必ず帰る」を胸に秘めていた。

★これは実話で原作は1992年な発刊された辺見じゅん氏の「収容所からの手紙」、メガホンを取ったのは『64ーロクヨンー前編後編』『菊とギロチン』の瀬々敬久監督。主役2人の熱演は観る者の心にも光を灯してくれた。
★公開は12月9日
posted by ミッキー at 05:18| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月24日

DVD『生きる』

今日から東京国際映画祭。来月の1日まで東京に滞在する。オープニング作品は既に見ているが、クロージングはまだ観ていない。黒澤明監督の名作『生きる』のリメイク。第二次世界大戦後のイギリスを舞台に『生きる LIVING』で蘇る。主演はビル・ナイ。脚本はノーベル賞作家のカズオ・イシグロ。2023年春公開予定。その前に家にあったDVDで4度目の鑑賞をした。

🎬『生きる』黒澤明監督/143分/モノクロ/1952年 

市役所の市民課長・渡辺(志村喬)は30年間無欠勤でことなかれ主義の役人で、あだ名は「ミイラ」。

ある日、自分が癌で余命が短いことを知る。絶望した彼は自由になる持ち金を懐に歓楽街をさまよい、慣れない酒を飲む。いったい自分の人生とは何だったのか……と考え込む。

彼は事なかれ主義の生き方に悔いて、真剣に役所にきた申請書類に目を通す。そこで目に留まったのが、下水溜まりの埋め立てと小公園建設に関する陳情書だった。

C4B8243F-3999-49DB-BA7A-354553C633BF.jpeg

ストーリーはほとんどの方がすでにご存知だろう。ミッキーも知っているつもりだったが、(確か)4度目でも心震えたし、あ、こんなシーンもあったなどと思い返しては見入ってしまった。

非人間的な官僚たちを痛烈に批判していたが、今、こんなコロナ騒ぎの中で役所に出向くことも多くなりそうだ。そこでどんな展開が待ち受けているのか、「人間味を感じる」対応を期待していいのかなどと考えさせられた。

部下の女の子(小田切みき)、ヤクザの加藤大介さんのシーンが印象に残った。




posted by ミッキー at 10:01| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月23日

母の愛の圧倒的な強さに頭が下がった 11月4日公開『桜色の風が咲く』

🎬『桜色の風が咲く』松本准平監督/113分/11月4日よりシネスイッチ銀座、伏見ミリオン座他にて全国ロードショー公開


関西の都市で教師の夫(吉沢悠)と3人の息子と暮らす妻・令子(小雪)は、幼少の頃から次第に失明していく三男の智(田中偉登)を見守り育てていた。診察や手術、入院などで家を空けることが多い母親に、兄2人は寂しい気持ちになることがあったが協力してくれて、智は家族の愛情に包まれて天真爛漫に育ち、東京の盲学校の寮で高校生活を送る。

だが、18歳の時、追い討ちをかけるように、頼りの聴力も失ってしまう。

4EAA3CF0-5B98-41E6-B378-04D5755AA716.jpeg

世界で初めて盲ろう者の大学教授になった東京大学先端科学技術研究センター教授・福島智さんと母・令子さんの実話を基に描いたドラマ。

ずいぶん前にテレビ番組で「指点字」のことを見たことがあった。
その時は聞き流していたが、それを創意工夫して作られたのが、このお母様だったのだ。
必要に迫られて2人で決めごとをしてやりはじめたのだろうが、大変な努力の積み重ねだったと思う。

智の幼い時の子役さんも兄2人も自然でとても良かった。3人がほぼ同じような「話し声」だったのが驚いた。
映画で顔立ちの似ている親子などはよく見るが「話し声」の似ている(特に長男と智)のは珍しい。

公式パンフレットはいただいていないのでなんとも言えないが「公式サイト」には3兄弟の名前はなかった。

実話で現在もいらっしゃる方々なら、やはり敬意を表して表記すべきだと感じた。
posted by ミッキー at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする