2022年10月28日

第35回東京国際映画祭2022(4)『雑魚どもよ、大志を抱け!』『アイ アム ア コメディアン』

7EEC9804-B260-4FFE-8BF4-0B8B57D94164.jpeg

昨日のランチには感動した。これで1500円ぐらい。野菜不足を解消した。きのこが入った味噌汁や野菜を炊き込んだご飯もおかわりできた。コースターもあったので一枚いただいた。もう一度行きたいが同じところに行き着けることができるだろうか。方向音痴のミッキーに……。

🎬『雑魚どもよ、大志を抱け!』足立紳監督、原作、脚本/145分/Nippon Cinema Now部門

時は昭和の終わり頃。ある地方の町に住む小学6年生男子たち。高崎瞬(池川侑希弥)は、成績にロうるさい母親・佳子(臼田あさ美)と寡黙な父親・作郎(浜野謙太)と甘えん坊の妹(新津ちせ)の4人家族で、仲間たちといつもいたずらしたり、くだらない遊びをしたりして連んでいる。


その瞬の仲間には、犯罪歴のある父を持つ子や吃音で苦しむ子、転校してきた映画監督志望の子も加わって、より一層団結が固まって楽しくなった。

だが他の学級のグループとの権力争いもあって勇気を試される出来事が起きて……。

監督さんは『愛妻物語』の方。2019年の東京国際がワールドプレミアだった。

昭和の終わりは1989年だから、今からおよそ30年前でその当時12歳と計算すれば、この子たち42〜45歳だ。監督さんのお年と近い年齢になっているであろうこの子たち。今、どうしているのかな…‥と知りたくなった作品。

大人も大変だが、子どもらだって本当に大変だ。守るものは親なら家族や仕事、子なら友だちだろう。そんなこんなが赤裸々に描かれていた。

『愛妻物語』の新津ちせちゃんは仲悪い父母の間に立って子どもらしい反応をしていたが、この新作では、ただの甘えん坊の女の子としてどこにでもいそうな「ひょっとして新津ちせちゃん?」と思わせる名演技だった。

🎬『アイ アム ア コメディアン』日向史有監督/108分/Nippon Cinema Now部門

政治に批判的な発言をするようになって、極端にテレビ出演が減った芸人・村木大輔。それでも彼は劇場に居場所を求めて「笑い」を模索する。

大声で二回ほど笑った!話芸として波があるし、間の取り方が一瞬崩れる箇所があるので、もっと勉強の余地はあるが、行動力は抜群だ。アメリカ修行もコロナ禍の苦労、家族への思いなど、笑いながらも切なくなるドキュメンタリーだった。





posted by ミッキー at 02:50| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月27日

第35回東京国際映画祭2022(3)『へその緒』『わたしのお母さん』

393FC2BF-8A7D-40F8-9C87-7270A6C628E0.jpeg

携帯を紛失した。年に数回、持ち物紛失騒動を起こすが、決まって気持ちがふわついている時だ。

一年に一回の姉妹3人での会食、シドニー在住の娘が来た時、そして映画祭……今回は映友さんにメールをした場所が特定できたので、そこからの行動をたどって行けたので、きっとあそこだ!と予想できて助かった。しかし一番可能性の低いところにあったので、もう自分の思い込みの強さには辟易した。

まあ携帯が無事だったから良かったが、三点確認(財布、携帯、iPad)を忘れずに!に気をつけて映画祭を、楽しむぞ〜〜(雄叫び)いや(雌叫び)

🎬『へその緒』チャオ・スーシュエ監督/中国/96分/アジアの未来部門

モンゴルの都会で馬頭琴を現代的にアレンジして演奏するミュージシャンのアルスは、兄一家と暮らす老齢の母から携帯に連絡があったので、折り返しかけて見ると、かけたことも、次男のアルスの名前も覚えていない。気になって兄一家の住む地に車で向かう。

そこには檻のようになった部屋に母はぼんやり座っていた。時には脱出してしまう認知症の母を兄夫婦がやむなく檻に入れているが「家に帰りたい、帰りたい」と言う母。アルスは兄が止めるのも聞かず、5年前まで住んでいた草原の家に母を連れて行った。

人の手を借りて一応住めるようにするが、母はすぐどこかに行くので長い綱を母につけてアルスと離れないようにした。家に帰って来たのに、また「家に帰りたい」といい募るのだった。


中国の作品。きっとモンゴルの平原で撮影されたのだろう。大画面から溢れるばかりの大平原の天候の移り変わりの中で人間の営みが手探りで描かれていた。惚けた母の求める「家」はどこか……そこにはどんな思い出があったのか幻想的な音楽と共に探っていくロードムービーの末に見る母の笑顔に感動した。

★最後に流れる女声の歌声は、地声も頭声も見事にひとつづきになっていた。


🎬『わたしのお母さん』杉田真一監督、脚本/106分/Nippon Cinema Now部門

三人姉弟の長女として生まれた夕子(井上真央)は、天真爛漫で人付き合いの良い母・寛子(石田えり)には幼い時から苦手な部分があった。

今は長男夫婦と実家で暮らして孫の世話をしながら暮らしていた母だったが、ボヤ騒ぎを起こしてしまい、やむなく夕子としばらくの間同居することになった。夕子の夫も快く迎えてくれたが、数日後、弟夫婦から私物一切を送りつけてきて……。

ミッキー寛子と言えそう……反省。娘が上京しているのでよくアパートに泊まった。ご本人さんより馴染みのお店の人と仲良くなったり、いい銭湯えお見つけたり、それで文句は言われたことはなかったが、複雑な気持ちで観てしまった。

きっとコロナ禍になってホッとしているかもしれない。
posted by ミッキー at 08:42| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月26日

第35回東京国際映画祭2022(2)『あちらにいる鬼』『彼方に閃光』

83DBF0B5-A0E3-4AB2-92B4-85D8EA2BCAA5.jpeg

🎬『あちらにいる鬼』廣木隆一監督/139分/ガラ・セレクション部門

女流人気作家・長内みはる(寺島しのぶ)は、講演旅行で知り合った作家・白木篤郎(豊川悦司)と男女の仲になる。篤郎の妻・笙子(広末涼子)は夫の奔放な女性関係に気付きながらも、夫婦として表向きは穏やかな生活を続けていた。しかし、みはるにとって篤郎との関係は「書くこと」を通して、なくてはならない存在となっていく。

作家・井上荒野が、自分の父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の関係を題材に同名小説を、『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』の廣木隆一監督ーが、寺島しのぶ、豊川悦司、広末涼子で映画化。




『ヴァイブレーター』『やわらかい生活』の廣木監督✖️寺島しのぶコンビの第三弾。ねっとりとした肉体の絡みも、情念もあって「大人」の映画そのものだ。広末涼子の感情を抑えた演技が出色。

この恋愛の果てに仏門に入ることになった瀬戸内寂聴。今年の5月に公開された『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』のドキュメンタリーの中でもサラッとこの時の話が入っていた。

★今映画祭で廣木隆一監督作品が『母性』『月の満ち欠け』『あちらにいる鬼』と3作品がガラ・コレクション部門で上映される。「ガラ・セレクション」とは、世界の国際映画祭で話題になった作品、国際的に知られる巨匠の最新作、本国で大ヒットした娯楽映画など映画祭を盛り上げる日本公開前の最新作がプレミア上映される作品。


🎬『彼方に閃光』半野喜弘監督、原案、脚本/169分/Nippon Cinema Now部門

生まれて間もなく視力を失った10歳の少年・光(ヒカリ)は、彼の世界は「音」だけ。いつもカセットテープに自分の世界を日記のように録音してゆく。


母の説得で治る見込みのある手術を受けたが、色はなく、モノクロの世界の中で光(眞栄田郷敦)は20歳になった。高校時代から、写真家・東松照明(1930-2012)の作品に強く惹かれ長崎に旅に出る。

どこで一風いかがわしい自称革命家の男・友部(池内博之)と話があい、ドキュメンタリー映画を作ろうという話になって……。

少し欲張って長めだが、大変、志が高い作品。原爆、沖縄戦の話や写真家・東松照明(名古屋市出身❗️)についての知識がベースにあるとないとでは、この作品の評価が違ってくる。観客を選ぶ作品。

主演の光を演じるのは千葉真一さんの息子さん。スッキリとした顔立ちに美しい眼……出ずっぱりの役も頑張っていた。

★いい流れの話の途中で「同性愛」が入ってきて、なぜか分からないががっかりした。
★最後に唱歌「ふるさと」を3番までアカペラで歌ってくれた。お声が渋くてつぶやくように歌っていたのが印象に残った。

★ローバ・ミッキーもどうぞよろしく。
https://www.myhappysecondlife.com/topics/tags/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC




posted by ミッキー at 00:56| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする