2022年09月25日

10月7日公開『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

🎬『僕が愛したすべての君へ』松本淳監督/10月7日よりTOHOシネマズ日本橋、109シネマズ名古屋他にて全国ロードショー公開

両親が離婚して、「母親」の実家で暮らす高校生の高崎暦(声:宮沢氷魚)は、同級の瀧川和音(声:橋本愛)から声をかけられた。

85番目の平行世界から移動してきたという彼女は、その世界では2人は恋人同士だったと教えてくれたが……。

🎬『君を愛したひとりの僕へ』カサヰケンイチ監督/10月7日よりTOHOシネマズ日本橋、109シネマズ名古屋他にて全国ロードショー公開

両親が離婚して「父親」と暮らす小学生の日高暦(声:宮沢氷魚)は父親の勤務先で佐藤栞(声:蒔田彩珠)という少女と出会う。2人は恋心を抱くようになるが、親同士が再婚することになった。
将来は結婚したい2人だったが兄妹になれば一緒になれないと思い、平行世界に駆け落ちをするが…… 。

46928C78-199C-444A-9E2A-B7306F79DD77.jpeg

人生の至るところにある「分かれ道」、進学、就職、結婚などが大きい分かれ道だが、例えば散歩するのにマンション出て「右か左か」、携帯を持っていくか行かないか、傘を持っていくか持って行かないか、無数の分かれ道がある。

この2本の映画はひとりの少年が離婚する時、父につくか母につくかで大いに違ってくる。でもいろんなことが絡み合いすぎて、理解が追いつかずわからないところがいっぱいあった。これ一回で理解できる方はすごいと思う。

★予告が上出来だった。もちろんアニメ好きには是非とも観ていただきたい。もちろん一日で2本まとめて観てほしい。
posted by ミッキー at 06:19| Comment(0) | ブログ・リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月24日

9月23日公開映画(2)『渇きと偽り』

今日は早起きして7時40分からの『地下室のヘンな穴』(カンタン・デュピュー監督、脚本、撮影、編集/フランス、ベルギー/74分)をミッドランドスクエアシネマにきた。

緑の多い場所に建つ一軒家を買った中年ご夫婦。その家の地下室には下に降りる穴があって、そこに降りると「時間が半日進んで、肉体が3日分若返る」という不思議な家だった。妻は何回も降りて若い頃の夢であったファッションモデルを目指すが……。

途中までは面白い設定と観ていたが、早回しで進む場面が多くて、損した気分。だんなの方は現実の仕事に追われて妻が若くなっても中身(精神)は変わらないので興味が無さそう。時間が12時間進むなら、株、競馬や賭け事で大儲けできるのに……と思った。

欲のない人間が幸せ?と言いたかったのかな。早朝でも12、3人の方が観にきていた。

🎬『渇きと偽り』ロバート・コノリー監督/オーストラリア/117分

メルボルンの連邦警察官のアーロン(エリック・バナ)は、幼なじみのルーク(サム・コーレット)の葬儀に出るために20年ぶりに故郷キエワラに戻ってきた。

ルークは妻と息子を殺した後、自ら命を絶ったのだ。その現場を見せてもらったアーロンは疑問を持ったので、この地に留まり、地元の警官と2人で事件を調べるが、20年前に起きた当時17歳のエリー(ベベ・ベッテンコート)の死とも向き合うことになって……。

ED1F7FD8-1E60-4B24-82E2-DC3F2B517357.jpeg

撮影されたのが2020年。その年はシドニーの周りを取り囲むように山火事があってオーストラリア中が乾燥していた。そんな乾いた田舎町が舞台。

エリック・バナはじめ、登場人物はほとんどが過去の秘密抱えているドラマ。欲を言えばストーリー展開に新鮮味がなかったこと。その分、エリック・バナが頑張ってい。

オーストラリア映画みたらシドニーに行きたくなった。


posted by ミッキー at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

9月23日公開映画(1)『秘密の森の、その向こう』

🎬『秘密の森の、その向こう』セリーヌ・シアマ監督、脚本/フランス/73分

大好きだった祖母(マルゴ・アバスカル)を亡くした8歳の少女ネリー(ジョセフィーヌ・サンス)は両親に連れられて祖母が住んでいた森の中の一軒家を片付けに来た。

だが少女時代をこの家で過ごした母(ニナ・ミュリス)は、何を目にしても祖母との辛い思い出にいたたまれなくなって家を出て行ってしまう。父親だけが後片付けする間、ネリーは森を散策するうちに、母マリオンと同じ名前を持つ8歳の少女(ガブリエル・サンス)と出会い親しくなる。

少女に招かれて家に入ると、そこは「おばあちゃんの家」だった。

8BDE8523-87B9-4A22-989F-61F66D0A1C2F.jpeg

フランスの女性監督さんの代表みたいな方。『水の中のつぼみ』『燃ゆる女の肖像』『トムボーイ』とミッキー好みの作品がずらり。
新作は祖母、母親、幼い娘の三様のかかわり合いを写し撮っている。

8歳ぐらいの少女だから、森の中に不思議な建物があったり、自分の母親の少女時代と遭遇したりしても、恐怖を持たずに行動できる最後の「年齢」だろう。この二人は映画初出演のジョセフィーヌ&ガブリエル・サンス姉妹。チラシを見てわかるように半分「夢見ている」という微妙な表情が秀逸だった。

73分の尺だが余韻が深く「はい、次の映画」とは行かなかった。






posted by ミッキー at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする