2022年08月29日

『雪道』シネマスコーレにて

昨日の日曜、サバカン使って細巻きを作った。味はなかなかのもの。サバカンにシソの千切りをトッピング。欲を言えばや卵焼きも一緒に巻くと商売物になりそう。

🎬『雪道』イ・ナジュン監督/韓国/121分 



太平洋戦争末期、朝鮮が日本の統治下にあった1944年。忠清南道の江景(カンギョン)村に、2人の少女がいた。共に15歳だったが、ひとりは貧しい家で母と弟と暮らすチョンブン(少女時代をキム・ヒャンギ、現在をキム・ヨンオク)、もうひとりは裕福な地主の家に生まれたヨンエ(キム・セロン)。2人は身分の違いもあって親しくはなかった。

そんなある日、ヨンエは女子勤労挺身隊に選ばれて、日本行って勉強も仕事もできると喜んでいた。そんなヨンエをうらやましく思ったチョンブンだった。だが、彼女は夜中に何者かによって家から連れ去られ、列車に乗せられて満洲に連れていかれたが、そこにはヨンエもいて……。

43035979-444D-499D-8215-325D3B63391D.jpeg

2015年にKBS韓国放送公社が製作した「光復70周年特集ドラマ」を再編集した劇場版。慰安婦を題材に、過酷な運命を耐え抜く2人の少女の人生を描いた作品。

日本人にとって重い作品だった。午前中に見る映画は必ずといっていいほど居眠りしてしまうミッキーだがこれは眠ることなど出来なかった。彼女たちは性奴隷として日本兵の慰み者に連れてこられた人たち。

2人は敗戦直後に逃げ出して命からがら故郷(1ヶ月以上かかる距離)を目指すが「帰っても、軍事工場で働いていたと言おうね」と約束したり、ヨンエは自分の兄に憧れていたチョンブンに「兄と結婚してもいいよ」と言ったりして、極寒の山を歩き続けていた。

★今、生存なさっている方は11名(?)とエンドロールに出ていた。
★脚本がわかりやすく、実力ある俳優陣で見応えのある作品だった。






posted by ミッキー at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする