2022年01月20日

憲法を考える映画の会『標的』上映会(名古屋・東京)のお知らせ

映画『標的』のは2022年2月12日(土)よりシネマリン、シネ・ヌーヴォほか全国順次公開予定です。それにさきがけてのイベント。
 作品HP http://target2021.jimdofree.com/

名古屋会場

映画「標的」上映 & 植村隆さん講演「裁判から見えてきた日本社会」

と き:2022年1月22日(土) 11:00〜/13:30〜
ところ:イーブルなごや 3Fホール
    〒460-0015 愛知県名古屋市中区大井町7-25
    地下鉄名城線「東別院」下車 1番出口から東へ徒歩3分
    地図→https://tinyurl.com/2p95y922
案内→https://stopabenk.exblog.jp/
映画「標的」上映&植村隆さん講演「裁判から見えてきた日本社会」
内 容:映画「標的」上映&植村隆さん講演「裁判から見えてきた日本社会」
・11:00〜12:40 映画「標的」上映(1回目)
・13:30〜14:30 植村隆さん講演
・14:40〜16:20 映画「標的」上映(2回目)
(映画は2回上映で入替制)
参加費:映画+講演で1000円(学生・障がい者は500円)
主 催:「韓国併合100年」東海行動実行委員会
協 力:「表現の不自由展・その後」をつなげる愛知の会
    韓国映画を観る会
    日本ジャーナリスト会議・東海
問合せ:31demo1919@gmail.com

映画『標的』解説

0AA48AFF-9446-489D-9578-B2D43E59DD20.jpeg

1991年8月、元「慰安婦」だった韓国人女性が証言を求めているという記事を世界で初めて報じた朝日新聞大阪社会部の記者・植村隆。
安倍晋三衆議院議員が首相として政権に復帰した後、2014年になって「ねつ造記事」という執拗なバッシングが始まった。
誹謗中傷は次第にエスカレートし、彼が教職に就くことが内定していた大学、そして家族にまでもが卑劣な脅迫の対象となったのだ。
この韓国人女性が名乗り出た後、他のメディアも植村と同じような記事を伝えたが、なぜ彼だけが「標的」にされたのか?
一方、不当な攻撃によって言論を封じ込めようとする動きに対抗するために、大勢の市民や支援に立ち上がった。
本作は、植村と彼を支える人々が理不尽なバッシングに真っ正面から立ち向かう姿を記録したものである。
「記事が捏造と言われることは、新聞記者にとって死刑判決に等しい。しかし攻撃や脅しによって筆を緩めたくはない」と植村は言う。
バッシングに向き合う植村の日々を追った。

東京会場

第63回 憲法を考える映画の会
と き:2022年2月6日(日)
午前の部 10時〜12時50分
午後の部 13時30分〜16時30分
ところ:文京区民センター3A会議室
(文京区本郷4-15-14 地下鉄春日駅・後楽園駅)
一般:1000円 若者:500円
午前の部 9時半開場
10時    映画『標的』(99分)休憩
11時50分 トークシェア (西嶋真司監督・植村隆さん)
午後の部 13時開場
13時30分 映画『標的』(99分)休憩
15時30分 トークシェア (植村隆さん・西嶋真司監督)
映画『標的』(西嶋真司監督/99分/2021年制作)
制作:ドキュメント アジア 配給:グループ現代

公開情報

2月12日より横浜シネマリン、大阪シネヌーヴォで、劇場上映
詳しくはhttp://kenpou-eiga.com/?p=2653

 
posted by ミッキー at 07:57| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

『無聲 The Silent Forest』伏見ミリオン座にて

🎬『無聲The Silent Forest』コー・チェンニエン監督/台湾/104分コー・チェンニエン監督/台湾/104分

聴覚障害をもつ少年チャン(リウ・ツーチュアン)は普通学校からろう唖学校に転校。そこで出会った女生徒ベイベイ(チェン・イェンフェイ)に一目惚れ。少しずつ言葉を交わすようになった。

そんなある日、スクールバスの一番奥の席でベイベイが複数の男子生徒から性暴力を受けているところを目撃する。主犯格の少年ユングアン(キム・ヒョンビン)は、その性暴力が「ゲーム」だと冷めた表情で平然と言う。

チャンは信頼している新人のワン先生(リウ・グァンティン)に助けを求め、先生も校長(ヤン・グイメイ)に訴えるが……。

5F984AA6-3FF9-49AD-97BB-AE38A6C377E7.jpeg

台湾のろう唖学校で実際に起こった性暴力事件を真正面から描き、話題となった社会派ドラマ。

この作品を観て、2015年に公開されたウクライナ映画『ザ・トライブ』を思い出した。特異映画で実際の聾唖の人が、全編手話のみで作られていて、昼は穏やかに見える学校が夜になると売春をする組織=族(トライブ)が描かれていた。

被害者の女生徒ベイベイは事件が明るみになる前に母親が他の学校に転校させようとするが、頑として拒否する。「ユングアンが卒業するまで我慢する、学校を出たら友だちもいなくなってしまう」と、そのまま学校に残る。

観ていて暗澹たる気持ちになるが「居場所」「生きる場所」が限られている聾唖の人の立場が赤裸々に描かれていた。

★長編映画はこれが初となる新鋭女性監督コー・チェンニエン。台湾のアカデミー賞ともいわれる金馬奨で8部門にノミネートされ、ベイベイ役のチェン・イェンフェイが最優秀新人女優賞を受賞。日本では第21回東京フィルメックスのコンペティション部門に出品された。






posted by ミッキー at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

『フタリノセカイ』『エル プラネタ』名古屋センチュリーシネマにて

昨日も大災害のための公衆電話探し。一つ先のバス停に公衆電話ボックスがあって、大病院の脇にも公衆電話ボックス、そして中規模の公園のそばにもあった。ミッキーの足で600から700歩のところだ。近場にあった公衆電話ボックスはなくなっていた。いつも行く喫茶店のお仲間が「いざ、大きいのが来たらそんなこと忘れてしまうよ」とからかわれたが「知ってると知らないでは大きな違いがあると思うよ」と負けずに応戦した。

🎬『フタリノセカイ』飯塚花笑監督、脚本/83分

保育園で働く今野ユイ(片山友希)と実家の弁当屋を母親と共に営んでいる小堀真也(坂東龍汰)は、出会ってすぐに恋に落ち、結婚も視野に入れてお付き合いしていた。

だが真也には彼女に伝えていない秘密があった。それは、体は女性で心は男性のトランスジェンダーだということだった。いざセックスという直前にやめてしまう真也に不安を感じていたユイは、しばらくして理由を知る。結婚もできない、セックスできない、子どももできない……とないないづくめ。保育士という職場で自身も子どもが大好きなユイは悩むが、同棲生活をスタートさせた。

数年の間、彼への愛は変わらなかったが、子どもを持ちたいユイの気持ちはおさまらず、2人は別々の道を歩むことになった。


腑に落ちない点が多々あった。会ってから10年の月日を描いているとのこと、その10年の時の隔たりを感じなかった。せいぜい5年だ。それと真也の友人・添田俊平(松永拓野)との出会いが意味深(とあるスナックでウェイターを通じて真也にワインをプレゼントして微笑みあっていた)で、この2人の生活はただの同居人か?と疑ってしまう。

観終わるまでに中年女性の2人が途中退場していた。ミッキーは物語の先行きが知りたくて最後までいたが、この2人(いや、3人かな)この先、どうなっていくのか心配になった。

🎬『エル プラネタ』アマリア・ウルマン監督、主演、製作、脚本、衣装/アメリカ、スペイン/82分

DB7431BB-B915-4776-872B-19489C5961D2.jpeg

ロンドンで大学生活を終えたレオ(アマリア・ウルマン)は、母親(アレ・ウルマン)が暮らす故郷・スペインの海辺の町ヒホンに一時帰国した。母親は家賃滞納でアパートをあと数週間で退去を迫られていて、電気も停められる状態だった。

モノクロの美しさ、街を行き来する普段の人々の様子、映画の終わりの見事さ等々、素晴らしい才能の持ち主だ。だがミッキーとしては心臓に悪い作品で、あんなにお金がないのに能天気すぎる❗️と怒りすら湧いてきた部分もあった。

今日観た2本とも「これからどうなっていくのか……」の作品だった。





posted by ミッキー at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする