2021年10月28日

DVD『ハンター』

明日から東京国際映画祭だ。何を着ていくか一番悩む季節だから、秋物と冬物の総点検したので部屋中洋服だらけ。これでも人よりは少ない方と思っているが、4、5年着ていないものは一まとめにして東京から帰ってから捨てようと思っている。

歳をとるとおしゃれより着やすさ重視だから、あまり数はいらない……と思いながらも、東京に行くんだからちょっとはおしゃれ?しなきゃなどと、無駄な時間を使ってしまった。

🎬『ハンター』ダニエル・ネットハイム監督/オーストラリア/100分/2011年


凄腕のハンター・マーティン(ウィレム・デフォー)は、バイオテクノロジーの企業の依頼でタスマニア島を訪れた。目的はタスマニアタイガーの生体サンプルを採取することだった。


困難を極める任務で未開の地に踏み入れたマーティンは、ベースキャンプに住む女性(フランシス・オコナー)と、その子たちに心を通わせていく。

E30AC807-ACFC-4E6E-AAEC-BF1E7B774915.jpeg

息をのむほどの大自然が広がるタスマニア。これをだけでも価値のある作品。

どうして生体サンプルがほしいかというと、タスマニアタイガーには獲物を麻痺させるものを体内に持っているからだ。それを研究するために躍起になっている。

DVDでみても圧倒的なスケールと緊迫感で楽しませてくれた。最後の彼の決断や子どもに対する愛情が、この作品をぐっと身近なものにしてくれた。
posted by ミッキー at 20:42| Comment(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする