2021年09月08日

韓国発、社会派サスペンス!9月17日公開『偽りの隣人 ある諜報員の告白』

名古屋は朝からどんより曇りから雨。二度寝、三度寝とグタグタしていたら別府の友人からカボスが届いた。早速炭酸割りで季節の香を味わった。

4BA652E0-3B56-4BEF-B167-8DA79BFF02F0.jpeg

🎬『偽りの隣人 ある諜報員の告白』イ・ファンギョン監督、脚本/韓国/130分/9月17日よりシネマート新宿他にて全国順次ロードショー公開  9月24日より名古屋栄・名演小劇場にて公開。

1985年、国家による弾圧が激しい中、次期大統領選挙に出馬するために帰国した野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)は、空港に到着するが、すぐ国家安全政策部に逮捕されて、自宅に軟禁されてしまった。

諜報機関はウィシクを監視するため、愛国心だけは人一倍強い男ユ・デグォン(チョン・ウ)を監視のリーダーに抜擢。デグォンたちはウィシクの隣家に住み、24時間体制の監視任務についた。情報を入手するため盗聴器を仕掛けたデグォンたちだったが……。

57E31AE0-000E-4629-83E5-7DBE956D1A6C.jpeg

オ・ダルスさんはお顔と名前がすぐ一致するが、チョン・ウさんはどこかで観たようなと直ぐにはわからなかった。誠実そうな雰囲気で国の方針を固く守る男を演じている。調べてみたら『レッド・ファミリー』というスパイ活動を行う北朝鮮の工作員と平凡な家族がたどる運命を描いたサスペンスドラマにも出ていらっしゃる。

電話の盗聴や日常生活の会話を聞くうちにウィシクさんの人柄や家族の温かみが伝わってくる。デグォンは少しずつ自分が喜んで引き受けた仕事に疑問を抱く。前半はご近所付き合いも始まってクスッと笑えるところもあったが、後半はかなりハラハラした。

★チョン・ウと一緒に盗聴している仲間を演じたキム・ビョンチョルさん。いい役者さんだ。

 
posted by ミッキー at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする