2021年09月05日

あいち国際女性映画祭2021(4)受賞結果と受賞作品

フィルム・コンペティションの受賞結果は以下のとおりです。

■グランプリ
【アニメーション部門】グランプリ❗️
「O-BON, Anecdotes from Kyoto」(スイス) 監督:ジェナイ・フォーゲル

76F93DA3-5F9A-4B52-A9DD-3B1CC20C8FC4.jpeg

真夏の京都でお盆が近付いてきた。誰もがお盆の行事を心待ちにしている。

そんな中で、ホームレスの男は汗臭い臭いとその臭いによってきたハエや虫たちが男の周りをブンブン飛んでいて、これからおしゃれして祭りに行こうとしているご婦人方に遠ざけられていた。彼の願いは銭湯に入ることだった。

単純な線と温かな色合いで書かれたアニメ。風呂屋に出入りするキャラクターの様子が、はんなりとした京都弁にマッチして描かれていた。

おばあちゃん達の垂れたお乳やおじいさんのフグリも大らかに描かれていて面白かった。もちろん、ホームレスの男は願いが叶った。

【実写部門】グランプリ❗️
「Interpreting Hyun-ju」(韓国) 監督:カン・ジヒョ

小学校の先生をしているソンヨンは、いつもひとりぼっちのヒョンジュを気にかけていた。ソンヨンはそんなヒョンジュと話そうと授業後に居残りさせて仲良くおしゃべりしていたが、慣れてきて家庭環境を聞いたところ母親は酒浸り、父は暴力を振るうらしく、家庭訪問したらまるで想像した母親と違っていた。

教師の気を引く為に嘘だったのかと思い知らされるが……。

ADA5B48C-A81E-4261-8431-AF71E71A2E57.jpeg

真実とはなんと見えにくいものか、観ている自分も先生と同じようなジャッジをしていた。力にある監督さん。次は長編を!



■観客賞
【アニメーション部門】
「Where Were You?」(スペイン) 監督:マリア・トレノール

27018E2A-5757-49B9-A40A-67693BC6A2C8.jpeg

夫が妻に対して振るう日常的な暴力を三つ国の言語で語られる。独特な色使いが素敵だったが、こんなにはっきりと話すことができる女性で、体力もありそうな女性像だったので、意外だった。

【実写部門】
「ふたり〜あなたという光〜」(日本) 監督:佐藤陽子

E69BD207-8723-4378-9896-2074A5905EA5.jpeg

障がい者の妹がいる姉のぞみは、 恋人に妹の存在を話していない。彼にプロポーズされたことをキッカケに妹の存在を打ち明けたところ……。

ご本人同士はよくても彼の両親が、というどこにでもあるような話。しかし妹からの視点も大切にしていたので好感が持てた。
posted by ミッキー at 07:09| Comment(0) | 映画祭・映画関連催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする