2021年07月15日

復讐計画プランAとは 7月23日公開『復讐者たち』

今日で名古屋も3日間雨嵐&カミナリ。ガリガリッと激しいカミナリが大好きなミッキー、中日(なかび)の昨日がまあまあ気に入った。初日は雨風が強く網戸まで掃除してくれた。3日間に試写もあったが外では合わなかったのでラッキーだった。街中で、しかも家の中で、という条件ならカミナリも雹(今のところ無し)も大歓迎だが外では勘弁してほしい。

🎬『復讐者たち』ドロン・パズ、ヨアブ・パズ監督、脚本/ドイツ、イスラエル /110分/ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、名古屋栄•名演小劇場他にて全国ロードショー公開。

1945年、敗戦直後のドイツ。ホロコーストを生き延びたが、収容所で別れわかれになった妻子をナチスに殺害されたと知ったユダヤ人男性•マックス(アウグスト・ディール)は生きる希望も無くしていた。だが激しい復讐心が湧き起こり、ひそかにナチスの残党を私刑として殺害しているユダヤ旅団のグループに入っていく。

彼は、さらに過激なユダヤ人組織ナカムの一員となるが、そこで600万ものドイツ人を標的にした復讐計画プランAが動き出しているのを知って……。

F7C4B795-2AD4-4AE1-BD6F-D5B1A1D935FC.jpeg

ホロコーストを生き延びたユダヤ人たちによる復讐計画の行方を、史実を基に描いたサスペンスドラマ。

600万人ものドイツ人を標的にして復讐計画をたてた秘密組織の話だ。監督さんたちはその組織の生存者に取材して脚本を書いたそうだ。

始まりは暗く地味な作品だったが、何百万人を殺すには「あの方法」しかなく、次第に観ている方が焦ってくる。

同じ目的をもつ組織がいくつもあったのは驚きだが、元ナチスを捕まえて仲間の居どころを吐かせてから、情け容赦なく殺戮する様子に「敵討ちをしている」とは思えなかったのは、平和ぼけしている現代だからか……後味はすこぶる悪い。
posted by ミッキー at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする