2021年07月14日

未体験の境地へ誘うアニメ 7月16日公開『竜とそばかすの姫』

🎬『竜とそばかすの姫』細田守監督、原作、脚本/121分/7月16日より東宝系映画館にて全国ロードショー公開。

高知の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すず(声:中村佳穂)は幼い頃に母を川の事故で亡くし、父と2人で暮らしている。母と一緒に歌うことが大好きだった彼女は、母の死をきっかけに歌うことができなくなり、心を閉ざすようになる。

ある日、全世界で50億人以上が集う仮想世界「U」と出合ったすずは「ベル」という名前でおそるおそる参加することした。その世界では自由に歌うことができて自作の歌を歌ううちにベルは世界中から注目される存在となっていくが……。

87BEAC82-45A0-4DB8-B8E4-F9A02FCCEA20.jpeg

インターネットの架空空間と現実(田舎)生活が納得いく展開と美しい映像で描かれていた。

映画の始まりの部分で「欠けたマグカップ」で紅茶を飲む高校生のすずや「手すりもない長い木橋」の危うさに、この物語がどう進んでいくのかと不安になった。その不安感はすずの生い立ち、歌が歌えないという劣等感を「異空間」のもう一人の自分(ベル)を誕生させる。仮想空間の膨大さと落ち着いた田舎田園風景の繋ぎ方も申し分なかった。

ほとんど俳優さんで声をやっていたが、違和感は全くなかった。あとからお名前を見て驚いたぐらいだ。


posted by ミッキー at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする