2021年07月04日

暴走牛を追う一千人の村人たち 7月17日公開『ジャッリカットゥ 牛の怒り』

昨日、親しくしている伊豆高原のお茶屋さんから電話が来て伊東線が不通だから来るんだったらやめたほうがいいよと知らせてくれた。7月初めに新茶を買いにくるねというミッキーの言葉を覚えていてくれたのだ。ちょっとしたことだけど嬉しかった。

🎬『ジャッリカットゥ 牛の怒り』リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ監督/インド/91分/7月17日より渋谷シアター•イメージフォーラム、8月14日より名古屋シネマテーク他にて全国順次ロードショー公開

南インドのケーララ州にある小さな村で、大きな水牛が肉屋から逃げ出した。村の男らは水牛を捕まえるために泥まみれになる。水牛は畑を荒らし木をなぎ倒し暴れ回る。助けに入った権力者一味への日頃の鬱憤が、村の男たちを獣のように駆り立てていく。

2970A396-27EC-464A-8987-C4007C8AE71D.jpeg

全編、不思議な音や奇声で、泥まみれの戦いに巻き込まれたような感覚になった。これ、CGはほとんど使ってないらしい。相当数(1000人以上だったと思う)の男たちが大声でどなりながら村全体を走り回り水牛を追うが、どうやって撮影したのだろうか。

牛を捕まえるだけではなく、男社会の裏表がちゃんと描かれていた。

★題名の『ジャッリカットゥ』は南インドの「牛追い競技」のこと。
posted by ミッキー at 04:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする