2021年06月24日

Netflix『Believe Me』

Netflix『Believe Me』ジム•ドノヴァン監督/アメリカ/87分

この作品は、1984年に連続殺人犯ボビー・ジョー・ロングに誘拐、監禁されたフロリダに住む少女リサ・マクヴェイ(ケイティ・ダグラス)の経験したことに基づいて作られている。

少女は殺人犯の話を聞いたり、自分の経験を語ったりして同調して解放され、命からがら家に辿り着くが、母親や祖母からも信じてもらえなかった。警察に行っても真面目に取り合ってもらえなかったが……。

129C8010-0116-466E-8358-CB8493258800.jpeg

当時、警察では10人ほどの女性が連続で殺されていて、リサのことなどは誰も真剣に関わってくれなかった。リサは「目隠しされていたけど、犯人の住まいは他に誰も住んでいない小さな工場みたいなところで、階段には茶色の絨毯が引いてあって何段上がった」とか「犯人の顔は細長くヒゲもじゃだった」など細かいところを覚えていたので「誘拐されているのにどうしてそんなに詳しいの?」とかえって信用されなかった。

でもあるきっかけで、それは今騒がれている連続殺人犯ではないかと、男の刑事さんに理解してもらってから、ボビー・ジョー・ロングの逮捕につながるという話。

リサさんが助かったのは母親、祖母から精神的にも肉体的にもひどい虐待を受けていたから、ボビー・ジョー・ロングの孤独な琴線に触れることができたといえる。

★その後リサさんは叔母さん夫婦に引き取られた。映画のー最後に今のリサさんが登場。子どもの性被害を守る仕事に就いていて、子にも孫にも恵まれ幸せに暮らしている様子だった。








posted by ミッキー at 21:35| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

河川敷で20年……6月26日公開『淀川アジール さどヤンの生活と意見』

🎬『淀川アジール さどヤンの生活と意見』田中幸夫監督、撮影、編集/73分/6月26日より新宿K's cinema他にて全国順次ロードショー公開


大阪淀川河川敷の手作りの小屋で20年間暮らしている男性•さどヤンのシンプルな生活を描いたドキュメンタリー。2001年からアルミ缶集めや清掃の仕事に行き、必要なものは自分で作る。世間から見ればただのホームレスだが人も動物も彼のもとに集まってくる。

3年の撮影中、台風で何もかも流されるというアクシデントが起こるが、さどヤンは「これでやっとホームレスらしくなった」と何事もなかったかのように小屋を作りを始める。

AC280494-C115-4DD5-9A15-6DE6D05B2593.jpeg

このドキュメンタリーの主人公は、河川敷に約20年暮らす「さどヤン」北海道生まれの73歳。

若い時から力仕事他あらゆる仕事についた経験から、大阪淀川河川敷に小屋を作り、捨て犬を飼って暮らしている。小屋のすぐそばには「停留所」と呼ばれる場所も作って、そこに集まってくる人々と楽しく過ごしている。

「アルミ缶などを拾ったら300円から500円だからタバコもお酒も買える。月に何回かドヤに行って掃除すると5500円もくれるんだ」と嬉しそうに話すサドやん。何時間おしゃべりしていても聞いててあきることはなくて、どんどん人間的な魅力が溢れてくる。

「日本ほどいい国はないよ。ここを立ち退けとは言ってくるが強制することはない。俺が死ぬまで身逃しておいてほしいよ」と言う。最後にサドやんは「人間は生きることが仕事なんだよ」と言っていた。

★田中監督は大阪を中心にドキュメンタリーを作っている。『徘徊 ママリン87歳の夏』も印象深い作品だった。
posted by ミッキー at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

衝撃の歌声を体感する 7月2日公開『ジャニス・ジョプリン』

🎬『ジャニス・ジョプリン』デビッド・ホーン監督/アメリカ/117分/7月2日より東劇、シネリーブル池袋他にて全国順次「限定」公開

唯一無二の歌声を持つジャニス・ジョプリンの生き様を上演した「舞台」を撮影したものを、スクリーンで味わうことができる作品。メアリー・ブリジット・デイヴィスがジャニス役を務め、トニー賞ミ ュージカル部門最優秀女優賞にノミネートをされた。

楽曲の歌詞と観客に向けた短い言葉のみで舞台を堪能できる。

D08F22AE-6A1C-4F84-B1DF-EB702C807911.jpeg

ジャニス•ジョプリンのお名前は聞いているし、若い時にお亡くなりになったことは知っていた。しかし彼女の歌声は聴いたことはない。

このドキュメンタリーは彼女の「生の声、歌い方」に沿ったものと思うが、この役を演じたメアリー・ブリジット・デイヴィスさんはお顔つきも体型もそっくり。歌声はジャニス•ジョップリン独特の「倍音」効果もあると感じた。

ミッキーはオンラインで聴いているが、これこそ劇場で声の幅、深みを聴かないとと思っている。

★倍音とは基本音(基音)の整数倍の 振動数のこと。例えばピアノでドを押しつつ高音に向かって軽くIオクターブ上のド、ミ、ソ、シ♭を弾いていくとそれらの音は消えて、押さえ続けたドの音が幅広く響くという役目を果たす。
posted by ミッキー at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする