2021年06月27日

新鮮な視点のほのぼのドキュメンタリー 7月9日公開『83歳のやさしいスパイ』

🎬『83歳のやさしいスパイ』マイテ・アルベルディ監督、脚本/チリ、アメリカ、ドイツ、オランダ、スペイン/89分

とある探偵会社が「80〜90歳の男性で電子機器に強い人」と募集を出したところ、オレがぴったり!というご老人たちがたくさん集まった。決まったのは身なりがきちんとした紳士・セルシオが選ばれた。途端に生き甲斐をみつけたセルシオさん。老人ホームに入って依頼主の母親がどんな扱いを受けているか調べるスパイだった。

83EC14B5-2BA2-40FD-84C2-C61F2920E86D.jpeg

これ、去年の東京国際映画祭で『老人スパイ』という怖い題名で観た。そして今年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門でノミネートされた作品。

秘密でカメラを回していたわけではないので(目的は言わないが、撮影許可は取っていて)、舞台になったホームは一応気を使っていると思うので本当のところは分からない。

もう数十年もするとネットを使い慣れた入居者たちは、毎日、ブログやツィッターで状況を発信するかもしれない。そうなったら病院としてはやりにくいだろうなあと思った。

セルシオさんはけっこう女性に人気で、ご本人もこのお仕事に生きがいを感じるようになって生き生きして来るのがわかった。

ミッキーもやってみたいスパイだが、もうすぐ入ることになりかねないから、それまで我慢しよう。そうなれば「ミッキーの毎日•施設暮らし日記」で暴露しまくるし、オンライン試写、DVD、Netflixで映画情報を出す予定……。

★新鮮な視点を持つドキュメンタリーが女性監督さん作品とは嬉しい限りだ。
posted by ミッキー at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月26日

6月25日公開映画(2)『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』

野菜ばかりの晩ご飯

F3DFEBF3-4F54-4E26-849A-1B2B36F74510.jpeg
玉ねぎの酢の物に鰹節、枝豆、卵豆腐、五目ご飯、ナスの自家製ぬか漬け、サラダ


🎬『ピーターラビット2 バーナバスの誘惑』ウィル・グラック監督/アメリカ/93分

ピーターの大好きなビア(ローズ・バーン)は、宿敵のマグレガー(ドーナル・グリーソン)と結婚。ピーターを目の敵にして「イタズラばかりするな!」「大人しくしてろ!」と叱られる毎日に嫌気がさして、生まれ育った湖水地方を飛び出して都会にたどり着いた。

偶然、亡き父の親友だったというバーナバスに出会ったピーターは、彼から都会で生き延びるための盗みを学び、彼に認められようと悪事を重ねていって……。

045C3934-2833-4719-8C79-5DA1ECD3C16D.jpeg

時間の都合で吹き替え版を観たが正解だった。いろんなことが次から次へと起こるから字幕だったら置いてきぼりを食うところだった。

お子さまがどこまでストーリーを追いかけられるかわからないが、ピーターラビットのいとこのベンジャミン、三つ子の妹フロプシー、モプシー、カトンテールたちのあどけない表情を見ているだけで温かい気持ちになった。声の出演、全員⭕️


posted by ミッキー at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月25日

6月25日公開映画(1)『ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている』

シドニーに住む娘夫婦から明日から1週間、街中がロックダウンすると言ってきた。少ない感染でもすばやくロックダウンする対応の早さで驚くが、その間、会社も休みで外出は愛犬の散歩、時間決めての買い物で警官に呼び止められたら許可証を見せないといけないらしい。今まで数人の患者が出るとすぐロックダウンになっているので、みんなその前に買い物に行くのだそうだ。

🎬『ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている』RJカトラー監督/アメリカ/140分/ミッドランドスクエアシネマ2にて

ED580E57-BE1D-4201-84C1-BF9AD97E66D6.jpeg

第62回グラミー賞•4部門制覇した18歳のアーティスト、ビリー・アイリッシュに密着したドキュメンタリー。家族で暮らす私生活、兄の部屋で曲作り、ツアーの様子を追っている。

初日初回はミッキー入れて3名。ジャニス•ジョプリンのお名前は聞いていたが、ビリー•アイリッシュのお名前は知らなかった。こんなに若い少女の年代の方がお兄様と協力して、どんどん曲を作っていく。

常識のある父母は彼女に協力的で、意見の違いも「話し合い」で解決している。ホームスタディで学校には通ったことがないというのも驚くが、ビリーの口ずさむ歌詞は恋を知らない聖少女のようでもあり、恋多き女性のようでもあった。

世界的に有名になるに伴い、首から上にかけて疲れが極度に達すると、チック症状が起きる様子を2回もカメラを向けていた。可哀想で正視出来なかった。

★張り上げる歌い方ではなく、囁くように自分の気持ちを吐露しているようだった。
posted by ミッキー at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする