2021年04月15日

『資金源強奪』岐阜ロイヤル劇場にて

今日も岐阜ロイヤル劇場に。いま上映している深作欣二監督の『資金源強奪』に出ている太地喜和子さん目当てで観に行った。

67EE6E94-35EB-4A3B-B509-B9383E8DFCE9.jpeg

いつもより観客は少なく、5人だった。

木曜日は近隣のお店屋は休日が多く、いつも行くお好み焼き屋さんも八百屋さんも休み。

岐阜駅近くの八百屋に入って2、3買い物していたら、お店の年配の男(ミッキーより若い)が「これも、安くしとくから買ってて」と言うので「名古屋から来たので重いのは困るから」と断ると「なんでそんな遠くから」と会話が弾み、昔の岐阜界隈の映画館の話になった。
その方は若い時、自分の山で炭焼きしていて一段落つくと毎週のように映画を見るのが楽しみだったと言っていて「ロイヤル劇場には20年以上いってない。その時に観たのは石原裕次郎のだった」と他のお客をいないのをいいことにおしゃべりに花がさいて、今池シネマテークのドキュメンタリーの時間に間に合わなくった。
だから重くてもいいやと思って葉つき大根とデコポンを買って家に帰ってきた。
明日、今池にいくことにした。

『資金源強奪』は面白かった。オチもあった。太地喜和子さんは声も肢体も色っぽい。

岐阜は野菜や果物が安いのでいつも帰りは大荷物になるが良い映画の後は力がわくので、そう苦にはならない。
お昼2時ごろ家について3時から7時まで長い昼寝をした。自由きままな良い一日だった。
posted by ミッキー at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする