2021年04月09日

4月9日公開映画(1)『BLUE ブルー』

🎬『BLUE ブルー』吉田恵輔監督、脚本/107分

ボクサーの瓜田(松山ケンイチ)はボクシングへの愛は誰にも負けなかったが、練習を重ねても試合には勝てなかった。ジムではトレナーも兼ねていてダイエット目的の女性にも丁寧に教えている性格の優しい男だった。

その瓜田の誘いでボクシングを始めた後輩の小川(東出昌大)は、才能とセンスに恵まれていて、今や日本チャンピオンをも手の届くようになっていた。そして瓜田の初恋の女性・千佳(木村文乃)は、今では小川の婚約者で、瓜田が望んだものは全て小川の手の中にあった。

1A3EDF9B-B28A-49C4-98B6-1398C1946C45.jpeg

『ヒメアノ〜ル』『犬猿』の吉田恵輔監督によるオリジナル脚本で、ボクシングに情熱を燃やす若者たちの生き様を描いているドラマ。

松山ケンイチ扮する瓜田が歯がゆいほど自制心が強く表情を表に出さない。といって無愛想でもない。ボクシングに対して真摯な気持ちは体から溢れてくるほどだ。

ほとんどがボクシングジム内の出来事で始終するが、登場人物の彩りがとても良かった。バイト先の女の子の気を引こうと「ボクシングジムに通ってるんだ」と嘘を言って引っ込みがつかなくて、形だけ習うために来た兄ちゃん(柄本時生)がいち早くプロテストに受かったなど、いろんな若者がいた。

だけど、この作品では瓜田以外は結末は描かれていない。ただ瓜田が本当にボクシングが好きなんだなぁと感じさせて幕となっていた。

しばらくしてから、もう一度観たくなる映画だった。


posted by ミッキー at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする