2021年04月01日

Netflix『孤狼の血』

ほぼ毎日いく喫茶店で「エイプリルフール」の話になって小盛り上がりした。「いま、この状態が毎日エイプリルフールみたいなもんじゃない?」「2年前の4月1日なら、何?、下手な嘘ついて!」と一喝されてもおかしくない状況だ。

だからエイプリルフールは今年は不発だろう。常連年配グループ4人ほどで2人はカウンター、2人はテーブルでいつもと変わらない雑談が一番のんびりする。今のところ、誰にも嘘つかれてない……。


昨日、ミッドランドスクエアシネマで8月公開の『孤狼の血 LEVEL2』の完成披露試写会があって白石和彌監督も来場された。

今年の8月公開の作品で前作『孤狼の血』を上回る出来! 一層怖かったし、感動は倍増した。細かい演出も文句なしで8月公開時には一番のりで劇場に行く予定。

復習と思いNetflixにあった『孤狼の血』をじっくり見た。

🎬『孤狼の血』白石和彌監督/126分/2018年

昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島・呉原で地元の暴力団・尾谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始めた頃、加古村組の金融会社社員が失踪する。

その事件の所轄署に配属となった新人刑事・日岡秀一(松坂桃李)は、暴力団との密接な繋がりのあるベテラン刑事・大上章吾(役所広司)とともに事件の捜査にあたるが、この失踪事件がきっかけとなって尾谷組と加古村組の抗争が激化していく。

6BC5C9F0-F7B3-420D-A9E4-47E7E24AABE5.jpeg

昭和63年なら製作された2018年から見て30年前だ。ナレーションのお声で「昭和感覚」に。

それにしても、LEVEL2を観てからこれを見ると不思議な感覚になった。この生真面目な刑事が……と感慨深く、ストーリー展開のうまさにも驚いた。これを最初に見た約3年前には気が付かなかった「見応え」が倍増した。

と、いっても8月公開新作だけ見ても、怖さ、面白さ、人間模様は遜色はないのでご安心を。

posted by ミッキー at 11:12| Comment(0) | DVD Netflix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする