2021年03月03日

『地獄の警備員 デジタルリマスター版』今池シネマテークにて

昨日は風が冷たい中、今池シネマテークでやっている『地獄の警備員デジタルリマスター版』を観に行った。1992年の作品で監督は黒沢清。いまからちょうど30年前のもので松重豊さんが殺人鬼で大杉漣さんがちょっとスケベな会社上司。

ストーリーは
バブル景気で急成長を遂げる絵画売買の会社とその会社が入っているビルの警備室が舞台。絵画売買の会社に元学芸員の美しい女・秋子(久野真紀子)が入社して来た。同じ日に警備室にも新人が入って来た。その男は元力士・富士丸(松重豊)。秋子が慣れない仕事に追われる日々の中、警備室では目を覆うばかりの惨劇が始まっていて……。

4CF74954-C1FF-4526-B4A4-96110D4EB156.jpeg

その殺人鬼は一度みたら絶対忘れないほと「大男」らしい。

ニュースでかつてお相撲さんが2人を殺して無罪になったが遺族が不服を言って訴えたので裁判をやり直すために元相撲とりを探していると伝えているので、それと関係しているのかとも思ったが、それを確証するセリフは皆無。それに警備に元犯罪者を雇わないと思うが……。

最後まで観たが、これをデジタルリマスター版にするかな?が正直な感想。
posted by ミッキー at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする