2021年03月01日

2020年の「ベスト10 」生田佳代さん

インド映画で新年のスタートで切りました。一本目は『燃えよ!スーリャ』そして同じ日にインド映画のリバイバル上映の『マッキー』2回目も、十分楽しかったです。

2020年は103本見ているのですが、数えたら新作が44本、旧作が59本という結果に本人が驚いております。 コロナの影響なのか古い映画のデジタルリマスター公開が多かったですね。「男はつらいよ」シリーズとかブルース・リーの作品など。

1『マロナの幻想的な物語』
この映像の自由なこと!そして色遣いもきれい!私の文章力ではこの映像の素晴らしさは表現できません。
よくある話しかもしれません。自分を大切に思ってくれる人を求めるマロナの姿がいとおしくて、ググッときました。
映画の後、飼い猫をしみじみ愛しいと思ってながめていました。

2『テルアビブ・オン・ファイア』
名演小劇場で見逃したのを刈谷日劇で見ることができました! 人間って“物語”を求めるものなんだなぁ〜としみじみ思いました。検問所の“袖の下”が“ドラマの脚本に口出しする事”という発想が面白い。

3『ロマンスドール』
高橋一生と蒼井優演じるママゴトのような夫婦が、忘れられなかったです。

4『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』
ヘヴィメタルは音楽としては興味ありませんが、若者がバンドやる映画は大好物なジャンルなのです!
トナカイを解体する場所でバンドが練習するシーンを見ていたら、イラン映画『ペルシャ猫を誰も知らない』を思い出しました。ここでは牛小屋で練習してましたね。

5『幸福路のチー』

9113965F-54EF-4862-B033-8513048D9996.jpeg

台湾は少し前の日本の面影が残っていて郷愁を誘います。
時代が変わっても変わらぬ“家族のカタチ”を描いて胸にせまってきました。

6『三島由紀夫VS東大全共闘〜50年目の真実』
東大生の話している抽象的すぎる質問…私には「一体何話しているの?」と、サッパリ分からなかったのですが、それに真摯に答える三島さんの姿がかっこよくて、内容はワカラナイけど、見てしまったという稀有な作品。

7『ハニーランド 永遠の谷』
「半分はわたしに、半分はあなたに」とっても素敵なキャッチコピーに映画館へ。
牛を連れて隣に引っ越ししていた大家族一家は自然環境を破壊している現代の私たちを比喩しているのだと思いました。
一度破壊されたものは人間が去ったからといって元には戻らない…そんな事を考えさせられました。

8『本気のしるし』
とっても長い上映時間(4時間近く)なので、いくら深田監督が好きでも…と思っていたら、岐阜まで来てくれました!!北村有起哉さんも一緒に来てくださいました。この作品のヒロインはかなり難役だと思います。それを演じた土村芳さん注目の女優サンになりました。
これぞ予測不可能な映画でした。 

9『カセットテープ・ダイアリーズ』
音楽が物語をまわす鍵となっており、これまた私の好きなパターン。邦題タイトルの“カセットテープ”がよいですネ!!
音楽の趣味はちがうケド近所に住む主人公の友人の存在が光ってました。

10『プロジェクト・グーテンベルグ 贋札王』
チョウ・ユンファ、アーロン・クォックのスター俳優を見る楽しさ以上にしっかり作り込まれた脚本によって映画の世界にひたれるこーゆー作品大好き!!
posted by ミッキー at 18:05| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年の「ベストNetflix 4」愛知県Nさん

高齢の母と初老?の私は、2020年には映画館では1本も見ていません。ミッキーさんのブログを見ながら遠い世界のように感じていました。ブログにはDVDやNetflixの作品も書いてあったので母親と相談してNetflixにはいりました。

映画館と違って緊張感が途切れてしまうのは仕方ありませんが、母はすぐ居眠り状態になって、その居眠りが私にまでうつってしまい、そんな私に「眠ってた時のどうだった」と聞くのですが、上手く説明できないことが多く情けない思いをしました。

選び放題のNetflixですが選ぶ力もいりますね。書けるのは4作品だけですが、確かにこの作品は良かったです。

1『リチャード・ジュエル』クリント・イーストウッド監督/アメリカ

これは公開されていた時に見られなかったので母と一緒に茶の間でみました
母は15分ぐらい寝ただけで、後から戻して見たので「便利な機械だね」としきりに感心していましたがDもそうなのに…
やっぱりイーストウッド監督は最後が幸せなるのがいいとしきりに言っていました。私は日頃主役を演じていない方が主役で良かったと思いました。

2『パラサイト半地下の家族』ポン・ジュノ監督/韓国

これも茶の間で母と2人で。
ソン・ガンホさんは前にベストテンに入れた『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』をみました。彼の演技力は安心して見せてくれて何より愛嬌があるので大好きです。
母は「面白かったけど、こんなにうまくいくもんかね」「半地下ってどんなところ?」と聞いてきたので、日にちをおいて後からこっそり(私が見ていると必ず母は話しかけてくるので)みました。2回目ものめり込んでしまい本当によくできた映画でした。お金持ち、貧乏人の差を誇張している部分もあると思いますが、またその下に隠れていた夫婦がいたとは!驚きました。

3『南極料理人』沖田修一監督

茶の間で母と2人で見る作品はやはり無難なものになってしまいます。殺しやむごたらしい映画などは嫌らしいので穏やか系になります。そこで選んだのがこれで前に私は映画館でみましたが、これならいいし、私ももう一度みたい作品なのでチョイスしました。

冷蔵庫の中より寒い南極で料理を専門に作る男の話でラーメンを作るのに試行錯誤していた様子やかき氷を氷上に直にシロップをかけてガシガシやっていたりと笑いのツボでした。

4『RBG 最強の85歳』ベッツィ・ウェスト&ジュリー・コーエン監督/アメリカ

1B2819AD-F348-4281-AC61-7832504A34F0.jpeg

4つ目は母からの希望でドキュメンタリーがいいというのですがNetflixでは怖いものがほとんどで困りました。85歳で現役のアメリカ最高裁判所判事のルース・ベイダー・ギンズバーグさんに迫ったドキュメンタリーにしました。

母は「半分以上は旦那さんのおかげだね。この人は男の選び方も一流だわ」と誉めちぎっていました。私もそう思いましたが、彼女自身の聡明さと時々出るユーモアに女性らしいやわらかさがあって、これを選んで良かったと思いました。調べてみたら2019年に亡くなりになっておられました。
posted by ミッキー at 11:05| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年の映画「ベスト10 」の発表 福岡M Mさん

2020年は何かと仕事以外は行くところが制限され、映画をそこまで見れない年でした。映画は好きですが、お日様に当たりたい、外に出たくでたまらない年、青空を眺めた年でもありました。2020年は邦画、洋画合わせてのベスト10で送ります。
番号ふっていますが、個人的には良かった作品10本です。

1.『テルアビブ・オン・ファイア』
アジアフォーカスでお会いする方々のおかげもあり、イスラエルなどの中東地帯の映画が来たら色々と知りたくなり見た作品です。パレスチナ、イスラエル人、民族に対する生活の制限、強要される部分の差異が見え隠れする背景がありますが、TVの前で昼メロをみる主婦などの女性はそんなことは関係ない、その対比が面白い作品でした。

2.『家族を想うとき』
ケン・ローチ監督の映画はいつも見たくなります。
家族が生計を立てるための優しさ、関係とは?矛盾した雇用者である個人事業主の問題を淡々と、これが現実をいう厳しい観点をつきつけていました。

3.『台湾、街角の人形劇』

ED6012E6-EA1D-4A52-A58F-0A658FF92C0B.jpeg

映画館ではなく、福岡市美術館が会場でFAMシネマテークという団体が1日限りの上映を行った作品行けて良かったです。台湾の市井の人々が楽しんでいた伝統芸能、生きる人形劇、まさに文化芸術、川本喜八郎さんや辻村寿三郎さんの作品なども思い出しながら見ました。

4.『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』
2020年はウルグアイ大統領だったホセ・ヒムカさんのドキュメンタリーがいくつかありました。その中で一番好きな作品でした。

5.『雪子さんの足音』
なんか不思議な女性を吉行和子さんが演じていました。
何かありそうな人間模様が解かれていく感、その時はわからないことが後からわかる悔恨。興味深い作品でした。

6.『アイヌモシリ』
中学生からみた、祖先のアイヌ、観光地化して、現代に染まりながらも独特な文化があり、思春期の子供が考える世界観がある心とよく繋がっていました。

7.『イップ・マン 完結』
8.『スーパーティーチャー 熱血格闘』
勧善懲悪、ドニー・イェンは強いだけでは無く、鍛錬や努力をする姿も魅力的です。いつ見てもドキドキしながら見れるマーシャルアーツどちらも終わったあと幸せになりました。

9.『アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌』
才能がないと思われていたのか、歌を歌うことによって人生を変えていく主人公。歌の力に、落ち込んでうさうさしていた気持ちも吹っ飛びました。

10.『海を駆ける(2018)』
無料ネット動画配信視聴。
ディーン・フジオカが演じた主人公は、現実離れしていてインドネシアの海と風土にあっていました。不思議な余韻が残る映画でした。
posted by ミッキー at 08:29| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年「ベスト10 」の発表 名古屋・猫さん

2020外国語映画ベスト10 (劇場鑑賞168本)

1.ペイン・アンド・グローリー
2.行き止まりの世界に生まれて
3.レ・ミゼラブル
4.マティアス&マキシム
5.彼らは生きていた
6.シカゴ7裁判
7.ルース・エドガー
8.スペシャルズ!
9.オリ・マキの人生で最も幸せな日
10.異端の鳥
番外: 在りし日の歌 淪落の人  羅小国戦記

『ペイン・アンド・グローリー』

1A3C1437-9407-4D26-8E77-3C3608AA90B3.jpeg

身体の痛みと心の傷み。
それが全て画面から伝わってくる。
若いときには許せなかった事が
年老いてくると、憑き物が取れたように気にならなくなる。
そんな感情は自分でもよくわかり
過去の色々な事象が、朦朧とした意識の中で蘇り(映画的には組み込まれ)その一つ一つの画が、いとおしかった。
思い出すと泣けてくるような感覚の映画だった。
この歳になったからこそ選べた映画

2020日本語映画ベスト10 (劇場鑑賞98本)

1.佐々木、イン、マイマイン
2.窮鼠はチーズの夢を見る
3.劇場版 本気のしるし
4.空に住む
5.一度も撃ってません
6.his
7.ミセス・ノイズイ
8.ワンダーウォール劇場版
9.海辺の映画館
10.劇場
番外: はりぼて なぜ君は総理大臣になれないのか
   プリズン・サークル 友達やめた
   だってしょうがないじゃない

『佐々木、イン、マイマイン』
佐々木くんに、やられました。
ずっと、佐々木くんを見ているのが辛かった、心の中はどんなに寂しいだろう?どんなに哀しいだろう…
こんな人を見たら私は抱き締めたくなる。この作品の熱量にやられました。

コロナ禍の下、ミニシアターを少しでも助けたくて、対策を万全にして映画館に通いました。リピート、旧作鑑賞も含め302本劇場鑑賞しました。
邦画はドキュメンタリーに秀逸のものが多く、あえてベストテンには入れませんでしたが、(洋画は第二位に入れてます)大変心に染み入りました。
今年も沢山の素晴らしい映画に出会えますように。
私にいろいろな事を考えてさせてくれる「映画」に
感謝です。

posted by ミッキー at 08:02| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年の映画「ベスト10 」の発表 シネマスコーレスタッフ 伊藤新悟さん

下記ネタバレを含む箇所がありますのでご注意ください。

2020 年は配信で映画鑑賞をする機会が飛躍的に増えた年となったので、配信で鑑賞した 作品もベスト 10 内に選んでいます。

1位『PMC ザ・バンカー』
「テロ・ライブ」のキム・ビョンウ監督作。前作同様に臨場感溢れるカメラワークはさ らに磨きがかかり、巨大地下基地バンカーからの命がけの脱出劇を描く。
無事に局面を乗り超え、物語は終わるのかと思われたが、そこからのラスト約 15 分があ まりにも見事。空中で彼を救い出した輸送機は爆破される。落下する主人公(ハ・ジョンウ) たちをカメラはひたすらに追い続ける。地上に落ちた彼とともに救出された北の男。互い のいびつな友情が揺れるカメラワークとともに劇的に描かれてゆく。この一連のシーンが 作品の完成度を上げているように感じた。

2位『ストレイ・ドッグ』
主演ニコール・キッドマンの役作りが素晴らしい。 時間軸は現在と過去とを交互に進行してゆくが、わかりづらさはさほどでもなく、その先 どうなってゆくのか興味を惹かれ、次々と物語は展開してゆく。
映画のラストで明らかなる結末は最初のシーンとつながっていて、見事な伏線でハッと させられた。主役の名演とミステリアスで良質な脚本がうまく合わさった傑作。

85C4DED5-8BC8-45A8-BB15-EB21C7C5EABC.jpeg

3位『初恋』
三池崇史監督が放つ久々の会心撃!スクリーン狭しと個性的なキャラクターたちが己の 欲望のまま、ハイテンションに跋扈する。
なかでも組員の彼氏を殺され復讐に燃える女を演じたベッキーの暴走ぶりが素晴らしい。 振り切れていた。観ていて爆笑の連続でたまらない。出落ちで終わらず、作品の最後まで 各キャストが魅力的に絡みまくる。最後まで楽しい作品。大満足。

4位『1917 命をかけた伝令』
サム・メンデス監督は祖父から聞いた戦争中のエピソードを映画内に盛り込んでいる。 本編の監督の熱量はここにあるのだろう。全編 1 カット風に撮影され、戦場に投入される かのような没入間は凄かった。戦場で仲間の突然の死が描かれこともあり、唖然とさせら れた。映画のスタート風景と、最後シーンの風景がとても穏やかで美しい。

5位『レディ・オア・ノット』
6 月に先行配信された劇場未公開が惜しい怪作。ブラックなユーモアが光るスプラッター 作品。製作は 20 世紀フォックスだったがディズニーとの合流もあり、R-15 相当ながらディ ズニーからソフトが発売されている(笑)
大富豪の一族に嫁いだヒロインが一族の悪趣味なゲームに巻き込まれる。それはボーガ ンや刃物で襲撃を受ける血まみれのかくれんぼ。最初は困惑し逃げ惑うヒロインも、中盤 からは逆襲モードへシフトチェンジ!(かくれんぼなのに。) 最後にはあっと驚く結末が用 意されている。必見!!

6位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
仲間との出会い。強敵が現れ修行を積む。そして撃破する。友情、努力、勝利。ジャン プ作品の黄金パターンだがやはり面白い。キャラクターたちが個性豊かで素敵。
主人公一行が敵の策に嵌り、深い眠りに陥れられる。彼らの深層心理が描写されるシー ンが各人物の個性を際立たせて描かれている。なかでも我妻善逸、伊之助の両名のエピソ ードが面白かった。心の中をホラー的にダークでクレイジーに描写。それをコミカルにみ せ笑いを誘う。コロナ禍での記録的な興行は映画のチカラを魅せつけた。

7位『ライブリポート』
誘拐事件の発生から事件の結末までを上映時間の 99 分、一気に描写してゆく。事件追跡 中の無鉄砲で熱血漢の警察官(アーロン・エッカート)の行動を配信サイトのレポーターの 少女が密着生配信。場面も街中のカーチェイスから、ヘリコプターで空からの追跡まで、 多彩なシチュエーションで怒涛の展開。誘拐された少女が数十分後には死ぬと宣告されて からは、迫り来るタイムリミットに、クライマックスまでテンションは爆上り。誰もがラ イブ配信可能な世の中に誕生した体感型ムービーの秀作。

8位『his』
今泉力哉監督作品。それぞれに問題を抱える人々の人間模様を描いている。
『his』は 19 年のドラマから数年後を描く劇場版。BL 作品と括られるドラマからさらに発 展し、登場人物それぞれお互いが分かり合うことの第一歩が物語後半に描かれる。「分かり合えない人や価値観を理解しあうこと」ラストのグラウンドのシーンが印象的で、素敵で 感動的な結末が描かれている。

9位『ボルケーノ・パーク』
リゾート島の火山が大噴火!島から脱出せよ!!があらすじ。シンプル!上映時間も 94 分とコンパクト。だがやり過ぎ描写が多く盛り上がる!
スクリーンにはド派手な火山の噴火や火砕流に落石、巨大建造物の破壊が描写されてゆ く。そんな行動とったらダメだろうと、逃げ惑う人々には予想の上をゆく悲劇的な死が的 確に訪れ、場内には笑いが起こる。監督はハリウッドで活躍したサイモン・ウェスト。中 国映画界でも無双の活躍を見せている。

10位『ミッドウェイ』
アメリカでは公開済のため、無事に日本でも公開された『インディペンデンス・デイ』 のローランド・エメリッヒ監督が手がけたハリウッド大作。(米・中・香港・カナダ合作)
映画のオープニングはパールハーバーでの真珠湾攻撃で幕を開ける。鑑賞したのは、昨 年 11 月に閉館してしまった TOHO シネマズ名古屋ベイシティ。2 番スクリーン 300 席以上の 大劇場に、スコープでスクリーンいっぱいに表現されたスケール感あふれる描写。ああっ 大作映画って最高!と感激。クライマックスのミッドウェイ海戦まで怒涛の描写は続く。大 迫力の力作。
posted by ミッキー at 07:50| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年の映画「ベスト5」発表 読者・名古屋・城下玲さん

Netflix、女性監督、LGBTQが目立った2020年。コロナ禍で自粛のベスト5。

<外国映画>
1『異端の鳥』
2『ヴィタリナ』
3『ソング・トゥ・ソング』
4『シカゴ7裁判』
5『燃ゆる女の肖像』
次点は『はちどり』『ホモ・サピエンスの涙』『mid90s ミッドナインティーズ』『コロンバス』
ドキュメンタリー『死霊魂』
ホラー『ストレンジ・シスターズ』
アニメ『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』

<日本映画>
1『海辺の映画館 キネマの玉手箱』
2『朝が来る』
3『Red』
4『ミッドナイトスワン』
5『佐々木、イン、マイマイン』
次点『東京の恋人』『彼女は夢で踊る』『VIDEOPHOBIA』『脳天パラダイス』
新人監督賞『アスタースクールデイズ』(あいち国際女性映画祭)
ホラー『みぽりん』
ドキュメンタリー『セノーテ』
アニメ『音楽』

<偏愛する映画>
『アングスト/不安』『スリー・フロム・ヘル』『性の劇薬』『狂武蔵』

尚『バクラウ 地図から消された村』の全国公開希望します。
posted by ミッキー at 07:39| Comment(0) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年の映画「ベスト5」の発表 読者・東京都・井上弘章氏

療養生活も長くなりました。コロナの影響でより単調な日常の中で息子がいろいろ気を使ってくれてDVDを買い求めてくれたり、シネマジャーナルの方々からは映画や映画祭のチラシ、DVDなど送ってくださったりと自分の「生涯の趣味」に向き合えています。ありがたいことと思っております。

そんな中で見たベスト5はすべて旧作です。しかし若いときには感じることができなかったことが、今ゆっくり観賞することで見えてくるのも多くなったような気がします。

1『希望の国』園子温監督 日本、イギリス、台湾 2012年
 2011年に発生した原発事故のドキュメンタリーにドラマを加えて作られている。監督さん自らも出演していた。「映画にできることは何か」の問いには「映画を撮り続けること」と思った。

2『春の日は過ぎゆく』ホ・ジノ監督 韓国、日本、香港 2001年
 録音技師のサンウとアナウンサーのウンスは仕事で知り合い結ばれるが、キムチが作れないことから次第にはなれてゆき、2人は別れてしまう。
最後の方で2人並んで歩き、彼女は彼のシャツのボタンをかけてやる。彼は無表情で最後に握手して別れる。ラストシーンは風になびく草地で収音するサンウ、彼の表情にわずかな笑顔を感じた。恋は別れる為にあるのか。

3『故郷(ふるさと)の香り』フォ・ジェンチイ監督 中国 2003年
 ヌアンとジンハーは仲のいい学生どうし。ブランコから落ち、足を怪我したヌアン、ジンハーは北京の大学へ、わずかなことがその後の人生を変える。
十年後、故郷に戻り再びヌアンに会う。生活は苦しそうだがヤーバと結婚して7才の女の子がいる。ジンハーにとってそれは懺悔であった。ヌアンの幸せを願い北京への帰路につく。

4『愛と希望の街』大島渚監督 1959年

0DA1966B-E24D-4CE4-BFD0-F87E2DAC1246.jpeg

 この映画の家族は中学3年の少年、妹、靴磨きをする母。少年は鳩を売り戻ってきたらまた売っている。それを生活費になっている。中学の担任はある会社を紹介する。母は高校進学を希望したが、紹介された会社は不採用となる。理由は鳩を売っていたことがわかったため。
貧しい者は常に貧しい……少年は下町の小さな工場で働いている。

5『ツレがうつになりまして。』佐々部清監督2011年
勤め先の人たちにいじめられウツ病になって、妻のすすめで退職してウツと戦う。まさに現代はウツ病の時代だ。「明けない夜はない」といわれるが、現実はどうなのかと考えさせられた。
posted by ミッキー at 07:28| Comment(1) | ベストテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする