2021年02月25日

Netflix『究極のハピネスを求めて』

朝から6200歩よちよち散歩してきて喉が渇いたから、冷蔵庫から取り出したお茶をごくごく飲んだら⁇ 昨日作った残りの出汁だった。でもこれが意外と美味しくて、これからは同じようなペットボトルに入れないようにするけど、だし汁って結構美味しい!まあ、出汁だから不味くはないに決まってるけど……。

Netflix『究極のハピネスを求めて』セリマ・タイビ監督、撮影/ドイツ/2017年

若いカップルが愛犬を連れて、スクールバスで北米をまま気の向くままに旅をするドキュメンタリー。

CA539022-341B-4271-B45B-92B7E3FA2361.jpeg

男は西ドイツ出身のフェリックス、以前自転車で世界22ヵ国を周り『pedal the world』を製作。歌やダンスが上手いモーグリーとはその自転車の旅で知り合ってベルリンで暮らすようになった。今回の旅はこの2人とワンちゃんが主役だ。
l
映画中に流れるのはきっとモーグリーの作曲した曲でギター伴奏で歌っているが声も自然で無理のない発声をしている。とにかく彼女は美人さんでジュリア・ロバーツさんにちょっと似ている。

まずアメリカに渡ってスクールバスの中古をサイトで見つけて、改造して(この改造部分もバッチリ) アラスカ、カナダ、アメリカ、メキシコと進む。その途中いろんなアクシデントに見舞われるが「2人だから心細くないし、いままでいろんなアクシデントにあってるから平気」と悩む時間もあるにはあるが長くはない。

しかしワンちゃんの足の手術、ワンちゃんの体調不良では2人とも大変心配している。

最後は……おっと、みんな書いちゃうとつまらない。次回作はないのかなぁ。待ち遠しい。
posted by ミッキー at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする